• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

宇宙を身近に感じる新スポットが登場

2014年7月11日

7月8日、東京ドームシティに宇宙ミュージアム「TeNQ」がオープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「子供のころから星を眺めるのが好き」「気になるカレが宇宙好き」「暑くてムシムシするから屋内で遊びたい」――そんな女性たちにお薦めなのが7月8日、東京ドームシティに新しくオープンした宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」だ。「子供向けじゃないの?」とあなどるなかれ、大人の女性も楽しめる仕掛けが満載!どんなふうに宇宙を体験できるのか、見どころをご紹介しよう!

 新スポットの宇宙ミュージアム「TeNQ」は、東京ドームシティの黄色いビル6階にある。中は9つのエリアに分かれていて、ツアー形式で体験できる。コンセプトは、これまで難しくて遠かった宇宙を、もっと身近なものとして楽しんでもらうこと。ツアーの内容を順に追ってみよう。

(提供:東京ドーム)

 エントランスは木目の温かいインテリアで、照明はかわいいUFO形。壁のボックスには宇宙関連の書籍や地球儀、模型が展示されている。列に並んで入場を待つ間も、それを見ながら宇宙に思いをはせて気分が高まる。

エレベーターを降りてすぐ、左手にエントランススペースが広がる。(提供:東京ドーム)
エントランス。
エントランスの壁には棚が並ぶ。(提供:東京ドーム)
入り口手前の棚ではバッヂやレギュレータの模型などが飾られていた。

 入場して最初に案内されるのが「トンネル0(ゼロ)」。とにかく真っ暗な廊下は約30mも続き、歩くうちに非日常な感覚へと引きずり込まれそう。自然と次の仕掛けに期待が膨らむ。

チケットで入場して、いざツアースタート! 奥に見えるのがトンネルの入り口。(提供:東京ドーム)

 トンネルを通ってたどり着くのが、キューブ状の凹凸が並ぶ白い壁とそれに向かって椅子が置かれただけの「はじまりの部屋」だ。スタッフから説明があった後、突如、幅約20m、高さ4.5mの巨大なプロジェクション・マッピングによる映像演出が始まる。古代から現代に至るまで、人類の宇宙への思いが走馬灯のように次々と現れては消えていく。

「はじまりの部屋」。入ると一面真っ白な壁と椅子が置かれているだけ。(提供:東京ドーム)
プロジェクション・マッピングを5分間楽しめる。(提供:東京ドーム)

 映像が終わったら、いよいよメーンの「シアター宙(ソラ)」へ! シアターの床には直径11mの巨大スクリーンが広がり、参加者はそれを取り囲むようにして立つ。これまで宇宙関連の娯楽施設といえば、椅子に座ってドームを見上げるタイプのプラネタリウムが多かったはず。でも、このシアターでは足下に流れる映像を覗きこみながら、あたかも自分が宇宙の中から地球や他の惑星を見下ろしているような感覚を得られる。それこそが宇宙を身近に感じられる、「TeNQ」最大の魅力だ。

 映像は約10分間のプログラムになっていて、ハワイ島のマウナロアなどで撮影した映像やISS(国際宇宙ステーション)から見た地球の実写映像などを楽しめる。

プロジェクター12台を駆使して映し出される高解像度映像が足下に広がる。(提供:東京ドーム)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ