• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キルギス『誘拐結婚』の真実

2014年6月26日

写真家・林典子さんインタビュー(上)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 近所を散歩していたら、ほとんど話したこともない男性が突然声をかけてきた。無理やり車に乗せられ、自宅に連れて行かれて、結婚式を挙げる――

 中央アジアの小さな国、キルギスでは、日本では考えられないようなそんな出来事が、今も日常的に起こっている。「誘拐結婚」と呼ばれるこの慣習を、カメラと共に単身キルギスに渡り、5ヶ月間かけて取材した日本人女性がいる。ドキュメンタリー写真家、林典子さん。「誘拐結婚」を撮影した一連の写真が世界的に高く評価され、今、もっとも注目されている写真家の一人だ。

林典子
1983年生まれ。大学在学中に西アフリカ・ガンビアの新聞社で写真を撮りはじめる。ナショナル ジオグラフィック日本版で、2012年9月号「失われたロマの町」、2013年7月号「キルギス 誘拐婚の現実」を発表。米ワシントン・ポスト紙、独デア・シュピーゲル誌、仏ル・モンド紙、デイズ・ジャパン誌、米ニューズウィーク、マリ・クレール誌(英国版、ロシア版)などでも作品を発表。著書に、『キルギスの誘拐結婚』(日経ナショナル ジオグラフィック社)、『フォト・ドキュメンタリー 人間の尊厳 ―― いま、この世界の片隅で』(岩波書店)。

 たった今誘拐されてきた女性が、男性の親族に両腕をつかまれ、家の中に連れて行かれる瞬間を撮影した一枚は、衝撃的だ。「誘拐が実行される現場に出会い、とにかく撮らなければとシャッターを切りました」。この女性は、隙をみて携帯電話で家族に連絡し、誘拐から12時間後に兄の助けで逃げ出すことができたが、そのようなケースはまれだ。

市街地で車に押し込められ、男性の住む農村まで連れて行かれた20歳の女子大生・ファリーダ。男性の身内が周囲を取り囲む。(C) Noriko Hayashi

 「キルギスでは、一度入った男性の家から出ることは『純潔を失った』とみなされ、『恥』であると考えられています。また、年上の女性を敬うよう教えられているため、男性の親族に説得され、あきらめて結婚を受け入れる女性が少なくありません。誘拐された女性の中には、レイプされて自殺したり、夫に暴力をふるわれ離婚した人もいます」。

 現地の言葉で「アラ・カチュー(奪って去る)」と呼ばれる誘拐結婚は、キルギスの法律で禁止されている。特に都市部では、「誘拐して結婚するなどおかしい」と考えるキルギス人もたくさんいる。だが、キルギスの村社会では、アラ・カチューが「慣習」として根づいており、犯罪として扱われることはほとんどないのが現実だ。

 「プロポーズしたが断られた、親から結婚をせかされているなど、男性たちが誘拐結婚に踏み切る理由はさまざまです。中には、恋人との結婚を急いで、合意の上『誘拐』という形をとることもありますが、数回会った程度の顔見知りや、面識のない男に突然誘拐されるケースが全体の3分の2にのぼると言われています」。

 花嫁の象徴である純白のスカーフをかぶせられ、泣き叫びながら抵抗している女性も、たった二回会っただけの男性に誘拐された。

当時22歳の女子大生ディナラは、誘拐された当日は激しい拒絶を見せたが、翌日には結婚を受け入れた。(C) Noriko Hayashi

 ディナラは、当時22歳の女子大生。大学ではロシア文学とトルコ語を学んでおり、1年後に、トルコでコンピュータ関連の仕事をすることになっていた。一方、誘拐したアフマットは、23歳の高校教師。誘拐の10日前、市場で出会ったディナラに一目惚れし、プロポーズしたが、「まずはお互いのことをよく知ってから。1年は待って」とやんわり断られ、誘拐を決意したという。初めは激しく抵抗していたディナラだが、親族の女性たちに説得され、5時間後に結婚する意志を示した。その後、自身の両親とじっくり話し合いをして、最終的に結婚を受け入れる決断をすることになる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ