• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子の9割、エア恋愛したことがある

2014年6月13日

妄想は恋愛の準備として有効な手段!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 サイバードが20歳代―30歳代の働く独身女性500人を対象に、異性との恋愛を妄想の中で繰り広げる「エア恋愛」に関する調査を実施したところ、9割近くがエア恋愛をしたことがあると答えた。

 エア恋愛の内容は、「好きな芸能人と壁ドンなどのシチュエーション」「俺様タイプの人に強引にアプローチされる」といった特定の男性のタイプをベースにおくものから、「困っているところを助けた男性が実は資産家で、偶然再会し恋愛関係に」など具体的なストーリーも挙げられた。

 恋愛を科学的に分析する「恋愛学」で知られる森川友義教授によると、エア恋愛は、現実の恋愛の準備として有効な手段だという。

 恋愛における妄想はいわば「恋愛のイメージトレーニング」で、未来のことを先読みする行為のようなもの。恋愛のステージにおいて人が最も妄想力を働かせるのは片想いの時期で、告白するメリットとデメリットを常にイメージあるいはシミュレーションしている。

 しかし社会人になると、職場以外に、学校のような片思いの相手と日常的に会うコミュニティーに所属する機会が減り、同時に恋愛を妄想する機会も減少する。

 そこでエア恋愛は片思いのような役割を果たし、恋愛のシチュエーションを妄想することで、常に恋愛のスイッチが入った状態にできる。自分を恋愛モードに維持すれば、異性から発信される小さなサインにも気づけるようになる。

 妄想を妄想に留めず、現実で積極的に恋愛できるようなツールとしてエア恋愛を活用することを森川教授はアドバイスしている。

■関連情報
・サイバードのWebサイト www.cybird.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ