• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

カリスマブロガーが語る「手帳と私」

2014年5月20日

たくさんの夢がかなった、はあちゅうさんの手帳を拝見

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 キレイも! キャリアも! ハッピーも! ――。日経グループは、働く女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2014」を5月24日(土)~25日(日)、東京ミッドタウンで開催。すべての女性のために役立つ情報を、講演、セミナー、トークショー、展示などリアルの場で提供します。それを記念し、同イベントのゲストの一人であり、ブロガー・作家としても活躍中の伊藤春香(はあちゅう)さんの手帳をご紹介します。

伊藤春香(はあちゅう)さん
ブロガー・作家。
慶応大学在学中に始めたブログが注目を集め、以後、イベントプロデュースや執筆などで幅広く活躍。卒業後、広告代理店にコピーライターとして勤務したのち、トレンダーズに転職。最新刊『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)が好評発売中。 来たる5月25日(日)17:30~18:00にWOMAN EXPO TOKYO 2014(東京ミッドタウンホール)に登場する(事前登録はこちら)。

忙しいときこそ「書く」時間を大切にする

 「小学生の頃からずっと、“書く”ことは私の日常です」と話すのは、“はあちゅう”としてブログやSNSで存在感を示す伊藤春香さん。

 大学在学中に友人と企画した期間限定ブログが1日に47万PVを記録し、ブログ本を出版した伊藤さん。大学の卒業旅行は企業からスポンサーを募り、タダで世界一周し、その様子をブログで更新。さらに本を執筆した。現在もブログ『はあちゅう主義。』の更新を続けている。ブログにより、やりたいことをかなえてきた彼女にとって、「書くこと」は切り離せない行為だ。

愛用の手帳 A5サイズのマンスリー式。
「今の職場では、PCでスケジュールを管理しています。なので、手帳は仕事の流れを俯瞰して見られるマンスリー式手帳のほうがいいと思い、マンスリー式に変えました」

 そんな伊藤さんにとって、手帳とは、自分に正直になれる場所。「ブログやSNSに書くときは、『人からこう見られたい』ということを意識しますが、手帳やノートには思ったことを正直に書きます」。例えば、ブログでは「新しい本、10万部売れるといいなー」と書いても、手帳にはもっと大胆に「100万部売りたい!」と書いてしまう。夢や目標も書き込むし、まとまらない考えをノートで整理することもある。「1日に1回は手帳やノートに書き込んでいますね。時間に追われているときほど、すき間時間を見つけてカフェに飛び込み、ノートを使って頭の中を整理します」

 愛用しているのは、スケジュール帳のほかに、様々なアイデアや目標、気になった言葉などを書き留める3冊のノート。特にノートは、自分への課題や気になる記事のスクラップなどであふれているそうだ。

「ノートはよく見返しています。同世代で活躍する女性の記事を読み返すと自分も頑張ろうと思うし、書いた目標を達成できていないと気持ちが引き締まる。ノートを見ると、モチベーションが上がるんです」。

伊藤さんの手帳
ポイント1 休日を色で囲み、執筆可能な日数を把握
「平日は執筆の時間は取れません。休日に集中して書くので、書籍の締め切りまで実際に書ける日数は何日かなどをすぐに計算できるように、休日を蛍光ペンで囲っています」

ポイント2 自分への戒めをページ上部に書く
「小説も書きたいと思っていて、文学賞にも応募しています。執筆の時間を大切にしたいので、仕事の後や休日に予定を入れすぎないようにと、自分への注意を書きました」

ポイント3 終わった日は斜線で消していく
今日が何日か一目で分かるように、終了した日のマスには斜線を書く。タスクを完了させるのに、残り時間はどのくらいかをすぐに把握でき、スケジュール管理しやすい。

 オフィシャルの仕事だけでなく、プライベートでも“はあちゅう”として、執筆やプロデュース業など、幅広く活躍している。「なりたい自分になれている」という伊藤さんの、夢をかなえる秘訣も「書くこと」だ。

 「書くことは『祈り』のような行為。心を込めて夢をノートに記したら、それで頭の中からは消し去ってしまいます。その夢への執着を忘れて目の前のことを頑張っていると、あるとき、まるでご褒美のように夢がかなうんです」。実際に、年に1冊以上本を出したい、週に1~2回の取材を受けられるようになりたいなどの夢がかなった。

 夢をかなえるノート術のコツを聞くと、「恥ずかしがらずに正直に書くこと」と答えてくれた。「誰にも見られないノートですから、大それた夢を書いてもいいんです。文字にすると、不思議とやれそうな気がしてきます。そうやって、自分で自分を信じてあげることが、夢をかなえる第一歩だと思います」。

輝くすべての女性のための総合イベント
「WOMAN EXPO TOKYO 2014」

日時:2014年5月24日(土)~25日(日)
場所:東京ミッドタウン ホールA・Bにて 事前登録すると豪華商品が当たる抽選会に参加できます。
◆詳細はこちらから→ http://expo.nikkeibp.co.jp/woman-expo/

■■伊藤春香さんのステージ■■

■日時 2014年5月25日17時半~18時
■場所 東京ミッドタウン ホールA 会場内ステージ
■トークショーテーマ 「毎日がもっと充実するSNSの使い方」
■概要
ブログ「はあちゅう主義。」が1日に47万PVを記録しブログ本を出版。twitterでも4万5000人以上のフォロワーを持つなどサイトやSNS上での発信力が注目を集める「はあちゅう」こと伊藤春香さんが毎日をもっと楽しく、充実したものにするためのSNS活用術を伝授します(入場無料)

取材・文/工藤花衣 写真/矢作常明(3mg)

日経WOMAN2012年11月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ