• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

部下の五月病、上司にも責任がある?

2014年5月9日

「常に疲れている」「口数が少なくなる」症状が出たら要注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
部下が五月病にかかった場合、自分にも責任があると思うか
部下が五月病にかかった場合、自分にも責任があると思うか
部下が五月病だと思う症状は
部下が五月病だと思う症状は
部下の五月病を未然に防ぐために心がけていることは
部下の五月病を未然に防ぐために心がけていることは
部下が五月病になった場合、どのように対処するか
部下が五月病になった場合、どのように対処するか
自分が五月病になった場合、どのように対処してほしいか
自分が五月病になった場合、どのように対処してほしいか

 オンラインリサーチサービス「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングは「五月病」に関する調査結果を発表した。部下を持った経験がある20歳―59際の男女300人に対し、部下が五月病にかかった場合に上司である自分にも責任があると思うか尋ねると、41.6%が「思う」と答え、「思わない」は17.0%にとどまった。いずれの年代も4割前後が「思う」と回答し、部下の五月病に責任を感じる人は比較的多い。

 部下が五月病だと思う症状は、「常に疲れているように見える」(51.3%)、「口数が少なくなる」(50.3%)がトップ2に挙げられた。「食欲がなくなる」(20.7%)や「飲酒、タバコ、コーヒーの量が増える」(3.3%)といった身体的な症状より、精神的な症状の方が五月病と思われやすいことが分かった。

 部下の五月病を未然に防ぐために心がけていることは、「話をよく聞く」(49.0%)が最も多く、「頭ごなしに怒らない」(34.0%)、「部下に理解できるように説明する」(31.0%)、「部下へ責任転嫁をしない」(30.0%)、「偉そうにしない」(30.0%)と続いた。

 部下が五月病になった場合、どのように対処するか聞いてみると、「話をきいてあげる」(61.7%)が1位、「そっとしておく」(25.7%)が2位、「飲みに連れて行く」(16.3%)が3位となった。年代別で見ると、「話をきいてあげる」はすべての年代でトップだったが、20歳代は「そっとしておく」「飲みに連れて行く」が同率、30歳代は「飲みに連れて行く」が「そっとしておく」を上回る。

 一方、もし自分が五月病になった場合、周りからどのように対処してほしいか尋ねると、いずれの年代も「そっとしておいてほしい」との回答が最も多く、「話をきいてほしい」は2位だった。

■関連情報
・アイリサーチのWebサイト www.i-research.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルス

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ