• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消費税8%を楽しく乗り切る節約術!

2014年4月15日

働き女子に聞いた! 消費税8%時代のすぐできる節約法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 いよいよスタートした8%の消費税。公共交通料金や郵便料金の改定などで生活の変化を実感している人も多いはず。そこで増税を見越して買い替えたモノや、変化を乗り切るための「働き女子の節約防衛術」をアンケート調査してみました(回答者数:1257人 調査期間:2014年3月1日~31日)。ファッション&美容、食費、趣味、通勤費など日常のあらゆるシーンで楽しくできる節約法をぜひ参考にして!

●増税を乗り切る、ユニークな節約術

 まずは発想を転換して楽しむ、増税対策をご紹介。単純な節約ではなく、増税を機に考え出された楽しくできる生活防衛テクニックがこちら。

<旅先であえて日用品をゲット>
「税率の安い国や物価の安い国へ行ったときに、歯ブラシ等の今後も必ず買うであろうものをまとめて買う」(26歳)

<流通が増える小銭で貯金>
「1円玉のお釣りが多くなりそうなので、1円玉貯金してみようかと!」(28歳)

<カレンダーを自分流にリセット>
「1カ月を33日として、生活費を計算する。33日×11カ月で363日になるため、ほぼ1カ月分の費用が浮きます」(26歳)

<朝活で優雅に女子会♪>
「夜の飲み会→朝食会にして、女子友達と朝に会う! 夜は7000円予算だけど、朝食会はホテルブッフェで2500~4000円で済むし、おしゃれ。家族がある人も参加しやすい」(41歳)

<税金のかからないショッピングを!>
「当面はフリマやオークションなど、消費税のかからない方法で購入する」(年齢不明)

●高額消費のファッション&美容費をテコ入れ

 増税を機に、値の張る被服費や美容費を見直したという女子も多数。日用品で調節するより大きなコストダウンが見込めるところが魅力。まずはこれまで漫然と続けてきた消費を見直すところからスタート!

<回数を減らしてコスト削減>
「おうちクリーニングの回数を増やし、クリーニング代の節約と洋服を長く使えるよう工夫する」(年齢不明)

「美容院、3カ月に1回を6カ月に1回にする予定」(41歳)

<自然派&セルフエステでキレイに>
「今まではボディソープを使っていたが、増税後、石鹸に変えようと思っています」(37歳)

「化粧品を少し安い価格のものにして、そのぶん食事で野菜や豆乳などをたくさん食べて美肌を保ちたい」(40歳)

「月1で通っていたエステをちょっと高価な化粧品を使ったセルフエステに切り替える」(29歳)

<服の棚卸し→買い方を見直す>
「増税の前に自分の収支を見直してみたところ、自分が思っている以上に2~3カ月に1度ファッションに思い切ったお金をかけてきたことに気がついた。そのわりに、ユニクロやギャップのヘビロテ率が高いことにも気づいたので、プチプラ服+アウトレットでまず1年間頑張ってみたいと思っている」(32歳)

「服を断捨離することから始めて、物に依存的にならない自分作りを目指しています。無駄買いを減らしたいです」(39歳)

「和装洋装両方に似合うバッグしか買わないと決めた。和装用、洋装用、と買うとキリがない…。ストールなども両方に似合うものを厳しく選ぶようにした」(36歳)

「服を整理した。会社の服のコーディネートをいくつか決め、繰り返し着るようにした」(41歳)

<中古市場やセールを活用>
「リサイクルショップをうまく活用していこうと思う。中古品で間に合うものはリサイクルショップで買い、自分が本当にお金をかけたいものにはお金をかけ、バランスを取りつつ、消費活動をしていきたい」(24歳)

「服は捨てずにリサイクルショップへ」(28歳)

「洋服や靴など、特に値の張るものはセール品狙い。20%off物が17%offになるイメージで」(34歳)

●嗜好品や食の贅沢を、ちょっとガマン…

 日用品の多くを占める「食費」。外食を控え、自炊や弁当デーを増やしたり、嗜好品のお菓子を減らしていきたいという意見が目立った。楽しく節約するヒントは、食事以外の趣味を充実させたり、余剰と思えるお菓子類などを見極めてカットすること。

<消えモノにお金をかけない>
「食費と飲み代の節約です。食べたり飲んだりで消えるようなものは、グレードを落として節約する余地があると思います」(31歳)

<ランチ費をおこづかいに回す>
「夫が今までコンビニ弁当を買うついでにスイーツも買っていたようなので、できる限りお弁当を作ってあげようと思っています。洋服や趣味にかける物については削りたくないので、日常生活で削れる部分は削っていきたいですね」(30歳)

「増税でもお給料は変わらないので、お弁当の日を増やす。余ったお金を投資できるよう考え中」(33歳)

「今まで平日のランチは外食でしたが、弁当を持参するかせめて弁当を購入して少しでもランチに掛ける金額を減らして、ちょっとしたお小遣いにしていきたいです」(34歳)

<買いすぎていたお菓子をカット>
「増税を受けて節約をするつもりはないのですが、日頃よく食べているお菓子類は値段を見て買うのを控えるかもしれません」(24歳)

「しょっちゅうお菓子を買っていたが、買う量を減らしていきたい」(31歳)

「4月からはコンビニおやつを禁止して、ネットでまとめ買いします。意外と費用がかさんでいました」(27歳)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ