• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

調停離婚、結果に異議あり!?

2014年3月31日

8割以上が妻から行動、過半数が結果に「がっかり」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
調停離婚を行うことを決めたのはどちらからか
調停離婚を行うことを決めたのはどちらからか
調停離婚に対するイメージはどのようなものだったか
調停離婚に対するイメージはどのようなものだったか
調停離婚を経験してみてどのように感じるか
調停離婚を経験してみてどのように感じるか

 探偵会社のMRが発表した調停離婚に関する調査結果によると、調停離婚の8割以上は妻から行動している。しかし調停離婚に対して過度な不安や期待を抱きがちのため、結果にがっかりしたとの意見も多く見られる。

 調停離婚の経験がある女性100人を対象にアンケートを実施したところ、調停離婚を行うことを決めたのは「妻から」が83%、「夫から」が17%だった。

 調停離婚に対するイメージがどのようなものだったか聞いてみると、「怖いところ」「お金がかかりそう」「冷たい、堅苦しい感じ」などネガティブなイメージが57%を占めた。一方、ポジティブなイメージを持っていた人は29%で、「味方になってくれて、すべてを解決してくれる」など強い期待を抱く人もいた。

 実際に調停離婚を経験して、「調停をしてよかった」との回答は21%にとどまり、「不満」や「がっかり」などネガティブな回答が54%にのぼった。不満の主な原因としては、時間をかけた割に自分よりも夫が有利になってしまったことや、調停員の対応の仕方など、最初に期待していた結果と大きくかけ離れてしまったという感想が目立った。

 今後調停離婚を行う人へのアドバイスを自由回答で聞いてみると、「自分でも知識をつけて納得いくまで裁判を続けるべき」「条件や伝えたいことなどを箇条書きにまとめておく」「物的証拠や記録などをとっておく」などの声が寄せられ、総じて「感情的にならない」「冷静に」といった意見が多かった。

■関連情報
・MRのWebサイト www.0120128888.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ