• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もうすぐ入社! 今やっておくべき自分磨き

2014年3月28日

先輩働き女子がアドバイス! 入社前にやっておきたいこと その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 全国の働き女子に聞いた「社会人になる前に、やっておいてよかったこと」(アンケート回答者数:1249人 調査期間:2014年1月1日~31日)。前回は実際の仕事シーンで役立つ入社準備についてまとめましたが、今回は今しかできない「自分磨き」についてのヒントをお届けします。基礎教養の高め方から、自分の経験値に上げる遊び方まで、先輩達の実践的アドバイスを参考にして!

●オトナとして必要な教養を身につける!

 社会に出ると、会社の上司・先輩や取引先など、学生時代とは違った世界の人達とコミュニケーションを取ることになる。会話の引き出しづくりのためにも、改めて新聞や本を読む習慣をつけておこう。時間があるうちに、資格試験の勉強などを始めてみるのも新鮮!

<新聞・本・映画は知識の宝庫>
「社会人になってからのほうが学ぶ必要があると思います。活字離れしてしまっている人は、再度、新聞や本を読む習慣をつけて」(年齢不明)

「本を読む。引き出しの多い人が魅力的だとつくづく思うこの頃…」(31歳)

「新聞をよく読む。いろんな情報が入り、年上の人とも会話しやすくなる」(年齢不明)

「話題の本や映画にも触れてみる」(年齢不明)

「なるべくたくさんの本を読んだり、映画を観てほしい。社会人になると、なかなかまとまった時間が取れないです」(25歳)

「新聞やニュースから情報を得るクセをつける」(26歳)

<資格試験やセミナーも視野に入れて>
「仕事で役立ちそうなことや、教養として身につけたいと思っている分野の資格をリサーチして、直近の試験日に間に合うように、勉強を開始するとよいと思います。ほとんどの試験は5~6月に集中しているので、入社後の中だるみにも効果があります」(29歳)

「大学の無料講座やセミナーがあれば、時間の許す限り何でも受講する!」(29歳)

●定期的に通う必要がある、病院などへ

 ウイークデーのほとんどが仕事時間の社会人。職種や会社の雰囲気によっては、勤め始めは休憩時間も私用に使いづらいときもある。週末はゆっくり身体を休めるためにも、定期的に通う必要がある病院通いを済ませておこう!

<特に歯科には、かかっておくべき>
「健康診断。特に歯など、少し時間のかかる治療はやっておくべきだと思う。働きだすと時間が取りにくいため」(31歳)

「歯の治療。ほか耳鼻咽喉科などでも気になる部分を治療しておくといいと思います」(年齢不明)

「健康診断は会社でしてくれるかもしれないが、歯医者や美容院には行ってきれいにしておこう」(年齢不明)

<婦人科チェックもしておきたい>
「自分の体のメンテナンス。婦人科に行ってみるなどの試みを。旅行や趣味に没頭するのもいいですが、まずは自分の体を見直して!」(36歳)

●人とたくさん会う! 出会いをつくる

 メールやSNSなどで連絡を取り合い、時間が合えばすぐ会える…。そんな学生時代の友人づきあいは就職で一変。環境が変わるとなかなか会いづらくなる友人との時間を大切にしたい。仕事シーンで活きるのも学生時代に培った人とつながり、という声も挙がった。

<今いる友人と大切に過ごす>
「友人と多くの時間を過ごすこと。社会に出たり、その後結婚して環境が変わっていくと、どんどん会える機会が減っていきます」(34歳)

「友達を大切にすること。社会人になっても、グチを言い合える友達を持っておくこと」(26歳)

<新しく、人と出会おう>
「なるべくいろんな人と会うこと。社会人になると学生時代の友達と会う時間も減り、会社以外の人脈を増やすことが難しくなるので!」(28歳)

「人脈整理。学生時代の友達や今までお世話になった人などにたくさん会う。社会人になった時、どんな人脈が活きるかわからないので」(33歳)

「違う業種に就職が決まっている人とのつながりを作っておく。会社に入ってしまうと、なかなか社外の人との関わりを持ちづらい。だから、学生のうちに様々なつながりを持ち、社会に出てからもそのつながりを大事にしておくと視野が狭まらず、大きなチャンスが訪れやすくなる」(27歳)

●家事やマネー管理など、社会人としての生活力を磨く

 社会人の自覚は仕事のみにあらず! 働いて、収入を得て、暮らしをまかなうのが大人の毎日。ひとり暮らしを始める人はもちろん、親元に住んでいても家事やマネー管理を身につけたいもの。休み中にゆっくりシミュレーションしておくと安心だ。

<仕事をする身体に、食は大切!>
「優先順位や段取りをつける力を養う練習をしておく。例えば料理では決めた品数を限られた時間で作ってみるとか…」(27歳)

「時短料理の練習。さっと作れる定番レシピを習得しておけば、慣れない新生活の中でもご飯をしっかり食べ健康を保てます。私は忙しさを理由にコンビニ弁当ばかりで過ごしていたら、口内炎が頻発。コンビニ食をやめたらすぐに収まったので、食生活って大事だなぁと実感しました」(29歳)

「ひとり暮らしの人は、入社直前に保存できる料理や下ごしらえを沢山しておく」(年齢不明)

<不用品の整理や、大掃除も◎>
「仕事を始めるとおろそかになるのが、部屋のお掃除です。今のうちに身の回りのお掃除を!」(40歳)

「新社会人になって初めてひとり暮らしする人は、掃除・洗濯・料理などの家事全般の練習をしておいたほうがいい」(29歳)

「部屋の片づけや身の回りのやり残した事を片付けると、スッキリした気持ちで新生活をスタートさせることができると思います」(25歳)

<お金を貯める、増やす、お得に使う。>
「学生という立場や20代前半という若さをフルに活用した方がいいと思います。例えば、クレジットカードを申し込んでも年会費がかからないカードがあったり、年齢が若ければ保険に加入するのも比較的安く済んだりするので。得ができるものは得なうちにと思います!」(年齢不明)

「投資信託等の口座開設」(年齢不明)

「お給料振込み用の口座開設と、ちょっと遠くの金融機関で口座開設する。給料天引きの定額貯金用にしておくと、遠くまで下ろしにいくのが面倒で貯まりますよ!」(年齢不明)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ