• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

各社で様々、送別会の意外なローカルルール

2014年3月26日

送る人も送られる人も必見! 「ありえない送別会、感動した送別会」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 送別会の多いこの季節。会社独自の送別会ルールや、“ありえない送別会”“思い出に残る送別会”などをアンケートで聞いてみました。心に残った送別会のエピソードもたくさん寄せられています。アンケートは2014年2月6日~2月20日の間、日経ウーマンオンラインの読者を対象にウェブ上で実施。回答者数は192名。

主賓を胴上げして送り出すルールも!

 「送別会の変わったルール」について尋ねると、会費、出席者、料理の決め方などに関する会社独自のルールが寄せられた。その中で、「結婚による退社以外は、有志のみの送別会開催」という会社が複数あった。

○会費に関して
ポジションによって、きっちりと会費に傾斜がついています。下っ端の私達にとっては、本当に助かっています(20~24歳)

送別会に出られない社員は送別される人の分の飲食代を払う(25~29歳)

正規職員より委託契約職員の方が1000円安い。差別だと思います(30~34歳)

○出席者に関して
自由参加(20~24歳)

お世話になっている顧客など、会社の外部の人も呼ぶこと(25~29歳)

主役にまつわる人が全員呼ばれること。何年も前に退職された歴代の同僚の方々も呼ばれる(20~24歳)

○料理に関して
絶対に和食の店(15~19歳)

お肉を食べる(20~24歳)

肉嫌いなお局がいるので、魚料理が中心となります(15~19歳)

○歌を歌う
退職の送別会の終わりは、会社の職業訓練学校の校歌をみんなで円陣を組んで歌います(35~39歳)

最後に輪になって歌を歌う。初めて見たときはドン引きした。そのセクションだけの特別ルールらしい(20~24歳)

 変わったルールに困らされる人もおり、その一方で、楽しく送り出すための慣習を続けている会社も多かった。

○ちょっと困るルール
部署全体から記念品代(贈り物代)を徴収する。部署全体なので、回数も多く、困ることもあります(20~24歳)

暗黙の了解で最後までいなければならない(20~24歳)

定年退職以外の方には花はあげない(30~34歳)

○愉快なルール
仮装したり、カラオケで騒いだり、にぎやかに送り出す(20~24歳)

劇や歌などの出し物をしないといけない(20~24歳)

毎回必ず王様ゲームをしなくてはならない(20~24歳)

ビンゴ大会を必ずしなければならない(35~39歳)

全て上司が設定する。新人などは一切動かなくてよい!(30~34歳)

お店を出たら、主賓はみんなから胴上げされて、落とされる!(25~29歳)

最後に挨拶する人を幹事が無茶振りするのがおもしろいです(35~39歳)

 続いては、これまで参加した“ありえない送別会”と、その逆の“思い出に残る送別会”について!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ