• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ホワイトデーのお返しを巡る男たちの悩み

2014年3月10日

Q&Aサイトに寄せられた質問から探るホワイトデーの男の本音

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

もうすぐホワイトデー。バレンタインデーはチョコレートと明快なのに対し、ホワイトデーはこれと言った定番ギフトがないのが男性たちの悩みの種に。そこで、2000年1月1日~2013年12月31日までに、OKWaveの「ホワイトデー/バレンタインのお返し」カテゴリーに投稿されたデータ(710件)をもとに、OKWave総合研究所が分析した男性のホワイトデーに対する本音を紹介する。

【調査概要】
対象ユーザー:20代以上の男性
対象カテゴリー:ホワイトデー、バレンタインのお返し
抽出期間:2000年1月1日~2013年12月31日
抽出データ数:710件
データ分析:OKWave総合研究所

<ホワイトデーの相談は3月12日がピーク>

 「ホワイトデー/バレンタインのお返し」に関する相談数は、3月に入ると日を追うごとに右肩上がりで上昇。3月12日にピークを迎えており、ホワイトデー当日に間に合うように、2日くらい前までには準備をしている様子がうかがえる。一方、3月14日に相談する数も3番目に多く、当日に駆け込みで買い物をする人も少なくないよう。相談数は半減するものの、3月20日前後までは、一定の相談数が寄せられており、ホワイトデー以降に彼女とデートをする約束があるなどの理由で、14日を過ぎてもお返しのプレゼントを購入するケースがあることが想像できる。

<義理チョコと本命チョコで異なるお返しの悩みの質>

 「ホワイトデー/バレンタインのお返し」に関する成人男性の質問内容を分析すると、「義理チョコ」や「義理」、「チョコ」、「職場」といったキーワードの関連性が強く表れており、義理チョコのお返しに何を選ぶとよいのか悩んでいるほか、職場の女性へのお返しをしなくてはと思うけれど相場はどの程度が常識的か・・・という相談を寄せていることが分かる。

 「お返し」と「手作り」という言葉がセットになっているケースもあり、ホワイトデーに手作りのお菓子をお返しするのはどう思われるかを投稿している。

 一方、「彼女」や「妻」といった本命チョコへのお返しについては、「誕生日」、「ブランド」、「アクセサリー」という言葉が頻出。「妻への贈り物にはどのブランドがよいか」、「彼女の誕生日には○○を贈ったけれど、ホワイトデーは何がよいか」をたずねていて、少しでも喜んでもらえそうなものを探したいという気持ちが垣間見える。

<若い男性は女性への贈り物に不慣れ?!>

 質問内容から、年代別の悩みを分析すると、20代は、「手作り」系のものや、「アクセサリー」、「指輪」、「スイーツ」、「お菓子」、「クッキー」など、様々な品物を検討していて、女性への贈り物選びにあまり慣れていないことが浮かび上がる。

 30代になると、プレゼント選びに迷いが少なくなり、「オススメ」の「ケーキ」について質問が偏る傾向がみられた。さらに経済的な余裕があると思われる40代は、「ブランド」や「香水」といった言葉が出現していて、高級な贈り物を選んでいるようだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ