• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性管理職、活躍の場は?年収は?

2014年2月28日

主に中小企業の専門職として活躍し、半数近くが未婚

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
男女管理職の所属企業の規模
男女管理職の所属企業の規模
男女管理職の年収
男女管理職の年収
男女管理職の婚姻状況
男女管理職の婚姻状況
男女管理職の子どもの有無
男女管理職の子どもの有無
女性が管理職になって得たもの
女性が管理職になって得たもの
女性が管理職になって犠牲にしたもの
女性が管理職になって犠牲にしたもの

 転職情報サイト「リクナビNEXT」は、課長職以上の役職に就いている男女500人を対象に実施した管理職に関する実態調査の結果を発表した。それによると、女性管理職は男性管理職に比べ中小企業の専門職で多く活躍している傾向がある。

 女性管理職の現在の職種は「財務、会計、経理職」(24.8%)が最も多く、次いで「エグゼクティブ」「医療、福祉サービス関連」(いずれも9.6%)と続き、いわゆる専門職が上位に挙がった。

 女性管理職が勤務する企業の規模は、「10人以下」(37.6%)の割合が最も高く、「11―30人」(16.4%)を合わせると、30人以下の小規模企業が過半数を占めている。一方、男性管理職の企業規模で最も多いのは「3001人以上」(33.2%)だった。

 女性管理職の年収は、「400―499万円」(17.2%)の金額帯が最も多く、全体の平均は618.9万円だった。一方男性管理職は、「1000―1499万円」(22.8%)が2割以上を占め、全体平均は890.6万円だった。

 婚姻状況や子どもの有無を見てみると、男性管理職の85.2%は既婚者で、78.4%は子どもがいる。対して女性管理職は半数近い48.0%が未婚で、56.4%は子どもがいない。

 女性が管理職になって「得た」と思うものは、「裁量範囲が広がった」(62.3%)が1位、次いで「責任ある仕事を任される」(55.4%)、「給与が上がった」(52.0%)、「経営方針など、重要な決定に関われる」(44.0%)が続いた。しかし男性管理職と比べるとその実感は低く、特に「給与が上がった」「重要な決定に関われる」は男性管理職をそれぞれ15.6ポイントと12.4ポイント下回る。

 逆に「犠牲にした」と思うものは、「趣味に費やす時間」、「健康」、「食生活」が上位に並んだ。また、友人・恋人・家族と過ごす時間を犠牲にしている思いも大きい。男性管理職も身近な人と過ごす時間を犠牲にしている実感はあるが、配偶者と子どもが対象となっている。

■関連情報
・リクナビNEXTのWebサイト next.rikunabi.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ