自身のランニングでどのような課題があると思うか
自身のランニングでどのような課題があると思うか
[画像のタップで拡大表示]
課題に対してどういった改善が必要と思うか
課題に対してどういった改善が必要と思うか
[画像のタップで拡大表示]

シトルリン研究会は、女性ランナーを対象にしたアンケート調査の結果を発表した。週1回以上のランニングを半年以上続けている20歳―49歳の女性309人にランニングの目的を尋ねたところ、「健康維持のため」(84.8%)が最も多く、次いで「ダイエットのため」(67%)、「美容のため」(52.4%)が続いた。

回答者の89.3%が、走る頻度や走行時間・距離・速度などに関して定量的な目標を設定しているが、自身の意思で克服できる「頻度」を除いては72.8%が課題を感じているという。

具体的な課題のトップ3は「目標の速さで走ることができない」(30.1%)、「目標の時間まで長く走り続けられない」(27.8%)、「目標の距離まで到達することができない」(20.7%)だった。

 課題に対して必要だと思う改善策は「持久力をアップする」(72.4%)が最も多く、続いて「筋力をつける」(57.8%)、「心肺機能を強くする」(48.0%)が挙げられた。

 改善策の具体的な行動としては、「ストレッチなどの準備運動」(63.6%)、「筋力トレーニングの実施」(53.3%)、「姿勢、歩幅、着地の仕方など、ランニングフォームの改善」(48.0%)が上位を占めた。

 また、ランニング直前の対策では「ストレッチなどの準備運動」(75.7%)、「水・ミネラルウォーター・スポーツドリンクなどの水分摂取」(59.5%)、「糖分・炭水化物などのエネルギー摂取」(25.6%)といった意見が多かった。

■関連情報
・シトルリン研究会のWebサイト www.citrulline.jp

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント