• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ランニング女子の目的は「健康維持」

2014年2月20日

具体的な課題や改善策を意識する人多し!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
自身のランニングでどのような課題があると思うか
自身のランニングでどのような課題があると思うか
課題に対してどういった改善が必要と思うか
課題に対してどういった改善が必要と思うか

シトルリン研究会は、女性ランナーを対象にしたアンケート調査の結果を発表した。週1回以上のランニングを半年以上続けている20歳―49歳の女性309人にランニングの目的を尋ねたところ、「健康維持のため」(84.8%)が最も多く、次いで「ダイエットのため」(67%)、「美容のため」(52.4%)が続いた。

回答者の89.3%が、走る頻度や走行時間・距離・速度などに関して定量的な目標を設定しているが、自身の意思で克服できる「頻度」を除いては72.8%が課題を感じているという。

具体的な課題のトップ3は「目標の速さで走ることができない」(30.1%)、「目標の時間まで長く走り続けられない」(27.8%)、「目標の距離まで到達することができない」(20.7%)だった。

 課題に対して必要だと思う改善策は「持久力をアップする」(72.4%)が最も多く、続いて「筋力をつける」(57.8%)、「心肺機能を強くする」(48.0%)が挙げられた。

 改善策の具体的な行動としては、「ストレッチなどの準備運動」(63.6%)、「筋力トレーニングの実施」(53.3%)、「姿勢、歩幅、着地の仕方など、ランニングフォームの改善」(48.0%)が上位を占めた。

 また、ランニング直前の対策では「ストレッチなどの準備運動」(75.7%)、「水・ミネラルウォーター・スポーツドリンクなどの水分摂取」(59.5%)、「糖分・炭水化物などのエネルギー摂取」(25.6%)といった意見が多かった。

■関連情報
・シトルリン研究会のWebサイト www.citrulline.jp

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ