• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マネしたい! 「ONタイムのプチ節約術」

2014年2月18日

通勤時や仕事中にできるプチ節約術とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

全国働き女子945人に聞いた「お金を貯める、プチ節約習慣」(調査期間:2013年12月1日~31日)。なかでもオフィスで心掛けている習慣について、抜粋してみました。通勤時、仕事中、ランチタイムなど、どれも手軽にトライできる節約テクばかりです。まずはひとつでも習慣化したい!

仕事中のリフレッシュ。お茶はマイボトルが鉄則

「会社の自販機では買わない。インスタントコーヒー、お茶持参。1日300円(2本分)の節約!」(36歳)

「会社ではペットボトル飲料を買わない。ティーバッグなどを利用します」(年齢不明)

「自宅で入れたお茶をペットボトルに入れて持っていく」(24歳)

「マイボトルを持つことです。コンビニや自動販売機でペットボトルのジュースやお水・コーヒーを買わないことです。一日200円~400円を節約できます」(33歳)

王道の弁当持参。工夫次第で手間も軽減!

「土日に自炊をして冷凍し、毎日弁当に持っていく」(31歳)

「ランチはお弁当を必ず作る。お弁当を持っていかないと、外で高めのランチに手を出してしまったり、コンビニにふらっと寄って余計なものまで買ってしまう。お弁当のおかずは休日につくりおきして、朝詰めるだけにしているので、あまり苦痛ではない。体調もいいし、ダイエットにもなるし、いいことづくめです」(30歳)

「朝やお弁当、夜のご飯はパターンを決めれば、購入食材も毎回同じだし、調理法も限られるので、買いだめ&つくりおきをする」(30歳)

「お昼は手作りのお弁当。時間がないときは、職場で頼むおかずのみ弁当。ごはんはおにぎり持参で節約してます」(42歳)

節約アプリやメリハリ消費で外食も◎

「『ランチ貯金』というアプリを使っています。ランチ代が設定金額より安くすむよう、努力するようになりました」(39歳)

「外食はランチ設定がある店は利用する。特に高級店などの場合、ディナーだと高いのでランチで」(36歳)

「基本お弁当派ですが、忙しくて作れなかった朝などでもご飯だけは持参します。おかずはスープだけコンビニ等で調達すると安く済みます」

「ランチ代は週5000円と決めています! 今日は500円弁当なら、明日は1500円の外ランチ…とメリハリつけて5000円の中でやりくりしています」(40歳)

移動中も抜かりなく! 朝時間の節約テク

「通勤中にコンビニに寄らないようにするために、コンビニがない道を通るようにする」(28歳)

「朝イチで買いものに行ってしまう。そうすると忙しいので無駄なものは買いません」(40歳)

「移動手段は徒歩や自転車にする」(36歳)

「最寄駅より1つ隣の駅まで歩くこと。節約にもなるし、運動にもなっていい」(31歳)

文=神谷 真規子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ