消費税増税に向けて今より月いくら節約したいか
消費税増税に向けて今より月いくら節約したいか
[画像のタップで拡大表示]
消費税増税までに見直して節約できると思うものは
消費税増税までに見直して節約できると思うものは
[画像のタップで拡大表示]

 ライフネット生命保険は「2014年、今年こそ見直したいもの」に関する調査の結果を発表した。それによると、4月の消費税率8%実施を控え、家計の見直しで外食・飲み会の出費を削ろうと考えている人は7割近くにのぼる。

 調査は、20歳―59歳の男女1000人を対象に実施した。消費税率引き上げに向けて今よりいくら節約したいか聞いたところ、月平均「9999円以下」との回答が45.1%と最も多く、「1万円―1万9999円」が36.7%で続いた。全体の平均は「1万76円」だった。

 消費税増税までに見直して節約できる(削れる)と思うものは、「外食・飲み会費」(68.8%)が1位、次いで「旅行などの娯楽費」(47.0%)、「家庭の食費」(46.2%)、「水道光熱費」(35.8%)と続いた。

 人生で最も高い買い物とされる住宅購入に関連する「家賃(住宅ローン)」(3.4%)や、2番目に高い買い物ともいわれる生命保険の「保険料」(11.2%)を見直し対象として考える人は比較的少ない。

 消費税率引き上げが決定してから実践している節約や具体的な見直し行動を聞いてみると、「節電家電品への買い替え」「電球をLEDに交換」など我慢をせずにできる方法や、「大型テレビを購入」「新車を購入」など必要な高額品の買い物を増税前に済ませる工夫が挙げられた。

 我慢を必要とする節約術では「付き合い(飲み会)を極力減らす」「休日はなるべく家で過ごす」「風呂の残り湯をトイレの水に使う」など切実な努力も見られる。

 一方で、「資産運用で増やす」「増税分余計に働く」など、資産や収入を増やしていくという意見も寄せられた。

■関連情報
・ライフネット生命保険のWebサイト www.lifenet-seimei.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント