• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今どき会社員のストレス発散方法は?

2014年2月4日

寝て食べるストレス発散の理由は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
会社でたまったストレスの発散方法は(全体)
会社でたまったストレスの発散方法は(全体)
会社でたまったストレスの発散方法は(20歳代/30歳代)
会社でたまったストレスの発散方法は(20歳代/30歳代)
(自社をブラック企業と思う人/思わない人)
(自社をブラック企業と思う人/思わない人)

 アディーレ法律事務所がまとめた調査結果によると、今どきの若いビジネスパーソンのストレス発散方法は「食べて寝る」が主流で、その影には過酷な労働環境も見え隠れする。

 20歳代―40歳代の会社員618人に仕事のストレス発散方法を聞いたところ、1位は「美味しいものを食べる」(61.7%)、2位は「寝る」(60.4%)で、以下「買い物」(44.0%)、「お酒を飲む」(43.2%)、「家族と過ごす」(33.8%)が続いた。

 年代別に見ると、「美味しいものを食べる」は20歳代が73.3%、30歳代が61.2%、40歳代が50.5%と若い人ほど多い。「寝る」は20歳代が67.5%、30歳代が53.4%、40歳代が60.2%と20歳代が最も高く、遊びたい盛りであるはずの20歳代が最も「食べて寝る」ことでストレスを発散する傾向にある。

 また、自分の会社をブラック企業だと思う人のストレス発散方法を見ると、「美味しいものを食べる」が72.2%、「寝る」が70.4%にのぼり、自分の会社をブラック企業だと思わない人(それぞれ59.8%と60.8%)と比べ10ポイント以上高かった。

 アディーレはこれらの結果から、20歳代や自社をブラック企業だと思う人の多くが「寝て食べる」ストレス発散方法を選ぶのは、過酷な労働環境を強いられている人が多いことが背景にあると分析している。精神的にも肉体的にも疲労しているので体を休めたい気持ちが強く、また生活に余裕がないためお金のかかるストレス発散ができないと考えられる。

■関連情報
・アディーレ法律事務所のWebサイト www.adire.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ