• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

冬の乾燥対策!のどケア&ボディケア編

2014年1月29日

働き女子が実践!生活習慣や身近なアイテムを使ったしっとりケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

全国の読者に聞いた、効果を感じる冬の乾燥対策(回答者数:1126人 調査期間:2013年11月1日~30日)。前回は人目につきやすい顔と手先の乾燥ケアをお届けしました。今回は、のどと身体全体の乾燥対策をご紹介! 風邪やウィルス予防にもなる、のどケアやお部屋全体をしっとりさせるテクニックなど、全国働き女子の知恵が集結!!

●生活習慣で乾燥&冷えを撃退!

 乾燥を感じる季節になったら、生活スタイルを変えて潤いをチャージするという方法。あまりお金をかけずに、しっとり感をキープできる知恵がたくさん!

「お風呂に20分以上は浸かる。エアコンは部屋全体を暖めたら消すことで乾燥を防ぎ、その他の暖房器具を使うようにしている」(33歳)

寝具を温めるのに、電気毛布ではなく湯たんぽを使用する。乾燥が気にならなくなった」(29歳)

のどの乾燥対策としては、夜寝る時に首にタオルを巻くことです。保温効果もあるので冷え性の方にもオススメ! 眠りが深く、朝すっきり起きられているように感じます。おうちにあるもので簡単にできますし、お金もかからないオススメ方法です。ちなみにその保温効果で、首のシワも若干改善されてきているような気もします♪」(35歳)

水素水を飲むようにしたら、のどがあまり渇かなくなった」(年齢不明)

「外出して帰ってきたら手洗いとうがい(うがいは塩水で4、5回うがいする)。エアコンやファンヒーターは乾燥がひどくなるから、最近話題のオイルヒーターを試しに購入」(37歳)

洗濯は夜にして部屋干し。これで加湿効果に!」(33歳)

「体の中から…と言う考えで、生姜湯や野菜ジュースを手作りして飲む」(年齢不明)

お部屋に直接霧吹きをして、湿度を保ったりしています。手っ取り早く湿度があがるし、加湿器など持っていない人は、いい方法かも?(笑)」(24歳)

●効果的に使いたい「加湿器」

 冬の乾燥対策の定番ともいえる、加湿器。エアコンとの一体型や、デザインがかわいい女子向けタイプ、オフィスで使えるUSB電源型など、用途に合わせて賢く使って!

「加湿器は三菱重工のルーミストを使っています。すごく加湿してくれるし、形がキューブ型でかわいい♪ カゼをひいてのどが痛くなったのがきっかけで買ったのですが、のどが楽になりました。アロマもプラスできるので加湿しながら楽しんでいます! (^^)!」(29歳)

加湿器はタイマー設定にして、寝ている時もかけてます。夜はとても乾燥するのでほぼつけっぱなし状態です」(29歳)

「やっぱり加湿器が1番! 自宅、車、職場のデスクなど、すべてに加湿器があります」(30歳)

「USBから電源が取れる小さな加湿器を置いていますが、それでものどが弱いので、ストールを首に巻いて温めたりします」(30歳)

パナソニックの加湿機能付きファンヒーターは性能とコストパフォーマンスが抜群。一般的な2人住まいの部屋ですが、冬場の乾燥がなくなり、エアコンの使用も控えることができた」(33歳)

●自宅でも、オフィスでも必須のマスクケア

 のどの乾燥対策に圧倒的な支持を集めた、マスク! 超古典的なアイテムながら、保湿タイプやシルクマスクなど機能的なタイプも出回っている。アロマをプラスしたり、働き女子ならではのテクニックが多く寄せられた。

「乾燥が気になる就寝時には、ぬれマスクを着用して寝ています。翌朝のどが潤っており、マスクによるスチーム効果かお肌もプルプルになります」(22歳)

「乾燥対策にはマスクが一番。アロマウォーターを吹きかければ、いい香りで癒されます」(24歳)

「のどの乾燥対策にはマスクが侮れません。寝るときにも、外出するときにもマスクが使えます。箱で50枚入りくらいのものを買えば、価格もお手ごろで風邪対策にもなります!」(27歳)

ぬれマスクは効果がありました。普通のマスクに比べると高いけど、買う価値はあると思います」(25歳)

「お薦めはぬれマスクです。特に出張など外泊するときには必ず持っていきます。のどが乾燥せず調子がいいばかりか、マスク周辺にあたる顔面も朝しっとりした感じがしていいです」(36歳)

マスクにアロマを含ませて、オフィスでも実践。香りに癒されながらのどを乾燥から守る! 日替わりで香りを変えると、気分転換にもなります」(29歳)

「カタログハウスで買った耳にかけて首まで覆うシルクのマスク。乾燥対策に便利です」(年齢不明)

とりあえず毎日マスクをつける。『風邪?』と聞かれるが面倒だったら風邪と言ってしまえば会社でしゃべらなくて済むのでのども渇かないし…」(29歳)

「口を開けて寝る癖がありまして、ガーゼマスクを濡らして口だけに当てて寝ます。ぬれマスクは結構高いので、安くする方法です」(33歳)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ