• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2014年こそ挑戦したい資格は?

2014年1月17日

英語、医療事務、パソコンなどスキルアップに役立つ資格が人気

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
FP講座の資料請求数推移
FP講座の資料請求数推移
CAD講座の資料請求数推移
CAD講座の資料請求数推移
幼稚園教諭講座の講座資料請求数推移
幼稚園教諭講座の講座資料請求数推移

 資格・スクール情報サイト「BrushUP学び」を運営するパセリは、20歳代―40歳代女性が2014年に取得・身に付けたい資格・スキルのランキングを発表した。1位は「英語・英会話」、2位は「医療事務」、3位は「パソコン」と、就職や仕事のスキルアップに役立つ資格が上位に並んだ。

 今回の特徴として、従来はランキング圏外の「FP(ファイナンシャルプランナー)」(7位)、「食育」(10位)、「CAD」(17位)、「保育士・幼稚園教諭」(19位)などが20位以内に入っていることが挙げられる。

 FPは、従来は就職や仕事のスキルアップを目指す人を中心に30位前後に位置していた。しかし景気の先行き不透明感や増税に対する不安から「家計の負担が心配なので賢く資産運用したい」「保険選びやローンの計画を自分で考えられるようになりたい」など、自分のライフプランニングを目的に資格取得を検討する人も多く、2013年の資料請求件数は前年比1.2倍に増加している。少額投資非課税制度(NISA)の開始などで、今後、金融資産運用への関心がますます高まることが予想される。

 食育については、長引くTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)協議や2013年に発生した一連の食品偽装問題が影響し、「食材に関する正しい知識を身に付けたい」との意見が目立つ。また「和食」が世界遺産に登録されたこともあり、「食卓の安全」と「和食の魅力再発見」の2つの側面からあらためて注目されている。

 CADは、3Dプリンターの産業発展に対する期待感からか、2013年の資料請求件数が前年比1.27倍に増加した。3Dプリンターの扱いには3D CADソフトの操作技術が必要であるため、就職に役立つ資格として検討する人が増えている。

 保育士・幼稚園教諭は、ここ数年の待機児童問題などにより需要の高い資格で、2013年9月には資料請求件数が前年同月の2.6倍に達した。背景には「認定こども園法」の改正による特例措置の適用が考えられ、特例期間の5年間は受験者が増加すると見られる。

■関連情報
・BrushUP学びのWebサイト www.brush-up.jp/
・パセリのWebサイト www.paseli.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
資格・語学

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ