• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

花粉飛散2月から、おおむね前年より少なめ

2014年1月16日

花粉シーズン、九州東海は2月上旬、四国、中国、近畿、関東は2月中旬から

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
2014年スギ花粉前線予測
2014年スギ花粉前線予測
2014年花粉に飛散量予測(例年比)
2014年花粉に飛散量予測(例年比)
2014年花粉に飛散量予測(前年比)
2014年花粉に飛散量予測(前年比)

 日本気象協会は、2014年春の花粉飛散予測(第3報)を発表した。今春のスギ花粉の飛散開始は概ね例年並みで、一部地域は例年より遅くなる見込み。2月上旬に九州や東海地方で花粉シーズンが始まると、2月中旬に四国、中国、近畿や関東地方に、3月に北陸や東北の日本海側にスギ花粉前線が達する。

 日本気象協会によると、1月から3月にかけての気温が平年より低いと、スギ花粉の飛散開始が遅くなる傾向にある。今年1月下旬は引き続き真冬らしい寒さとなり、2月と3月は例年並みか低い気温になる見通し。ただし、寒さが続いていても急に気温が高くなる日があると予測より早く花粉が飛び始めることがあるという。

 スギおよびヒノキ(北海道はシラカバ)花粉の飛散量については、九州から近畿にかけてのほとんどの地域と北海道で、例年並みかやや多い見込み。東海から東北地方は例年より少ないことが予測される。

 飛散量が多かった2013年との比較では、九州から東北地方のほとんどが少なく、中でも東北、関東甲信、北陸、東海、中国地方は非常に少ない。北海道は2013年の飛散数が少なかったため、前年と比べ多くなる。

■関連情報
・日本気象協会のWebサイト www.jwa.or.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ