• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

失敗しない手みやげ選び 取引先・友人編

2014年1月29日

こんな気づかい・アイデアで喜ばれました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 取引先への訪問や知人・友人宅へ遊びに行くとき、欠かせないのは手みやげですよね。選び方一つで「おっ、できるな」と印象を上げられる大事なアイテムですが、失敗してトホホな結果を招くことも…。せっかくなら気の利いた喜ばれる手みやげを渡したい! ということで、日経ウーマンオンラインでは皆さんに手みやげのアンケートを実施しました。

取引先への手みやげ、どんな点を重視する?

 失礼があってはいけない取引先への手みやげ、アンケートで多かったのはやはりお菓子でした。寄せられた声を参考に、押さえなければいけないポイント、ひと味違う工夫ポイントを紹介します。

【押さえるべきポイント】
日持ちして、あまり好みが偏らないもの(33歳)

苦手なものはチェックしておく(年齢不明)

人数や席の配置がわからないので、たくさん入っている菓子折など(35歳)

小分けされているもの(36歳)

数が不足しない、配りやすいもの、デスクが汚れにくいもの(37歳)

地元名産など先方では手に入りづらいもの(28歳)

 意外と多かったのは先方の年齢層や男女比への配慮です。訪問時や会社のホームページなどで様子がわかるので、それを手がかりに考えるという回答も目立ちました。

【年齢層・男女比に配慮する】
女性が多い場合、話題性の高い洋菓子。男性が多い場合は有名店の和菓子(40歳)

どちらも混在するときはシュークリームを選んでいる(33歳)

女性が多いならマカロン、焼きドーナッツ、クリームパンが人気(年齢不明)

女性には高級果物やデパ地下菓子、男性にはコーヒーやうどんが好評(年齢不明)

年齢層が高い場合はおまんじゅうを選ぶ(33歳)

 印象に残るよう、あえて毎回同じものを持っていく作戦も。

【同じものを持っていく作戦】
好評な手みやげがあれば、必ず同じものを持参して印象に残るようにしている(38歳)

自分が訪れる=大好物持参という楽しみになってもらえるようにする(30歳)

 このほか、いろんなこだわりが集まりました。

【こんなこだわりも】
食べるときに音やニオイが気にならない詰め合わせを選んでいる(38歳)

自分が食べておいしかった、プレミア感があるもの(年齢不明)

家族がいるのか、一人暮らしかを考える。高級なお茶漬けの素は喜ばれた(36歳)

旬のもの。秋から冬なら栗、解禁したてのボジョレー・ヌーボーやワイン(32歳)

紫や緑など、ぱっと見てしっかりした、落ち着いた印象を与える箱を重視(28歳)

持って帰るとき重くないもの(29歳)

大阪に持参するときは、大阪に進出していない店のものを選ぶ(28歳)

自分の職場周辺や出身地で、自分が誇れるくらいおすすめの店の菓子折(30歳)

予約しないと買えないスイーツ(年齢不明)

賞味期限が長い、いろんなフレーバーのドリンクが喜ばれました(年齢不明)

小ぶりの酒まんじゅうを買ってカイロで温めて持参したのは好評だった(38歳)

 分けられる、日持ちがする以外にもたくさんのポイントがあるようです。では、気心の知れた友人や知人の家を訪問するときはどうでしょう? 続けて聞いてみました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ