• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

悪い子にはクリスマスに“石炭”を

2013年12月24日

アメリカのクリスマスお菓子事情をリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 クリスマスが近づくと、子供たちがそわそわし始めるのは、日本もアメリカも同じ。「サンタクロースに何をお願いしようか」と、おもちゃの広告に目を輝かせている姿が微笑ましい。ところが、“悪い子”にはそう簡単にプレゼントを渡すわけにはいかないと、親も親で考えるのは万国共通のようだ。

 日本では、「悪い子はプレゼントをもらえないんだよ」というのが親のセリフだが、アメリカでは、プレゼントがもらえないばかりか、「悪い子には、サンタが石炭を置いていくよ」というのがお決まりのセリフだ。そんなセリフを聞くと、ぎりぎりになって、子供はせっせと家の手伝いをし、結局はプレゼントをもらえるわけだが、アメリカでは親がジョークで、子供のストッキング(クリスマスにつるしておく靴下)の中に、石炭そっくりのキャンディやガムなどの黒いお菓子を忍ばせ、子供の反応を楽しむ。

石炭を模したキャンディ。あまりに似ていておいしくなさそう。

 “石炭スイーツ”は、ちょっと変わったお菓子だが、この他にもクリスマスになると、アメリカの店頭には季節限定お菓子が登場する。もっとも定番なのは、ステッキ型で赤と白のストライプ柄のキャンディ“Candy Canes”だ。クリスマスには、どこの家にもあるのではというほど定番のお菓子で、ツリーにひっかけてオーナメント代わりにする家庭もある。

20cmくらいの長さで、日本の千歳飴のようなキャンディ。味はペパーミント味。

 このステッキ型キャンディにはじまり、ペッパーミント味と赤白の組み合わせがこの季節の定番のようで、ストライプ柄のキスチョコやホワイトチョコに赤いペパーミントパウダーが入ったGHIRARDELLIのチョコレート、オレオのペッパーミントクリーム入りなど、定番のお菓子たちも装いを変え、人気を集める。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ