• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

手書きを重視したいのはどんな場面?

2013年12月9日

「好き」が半数を超えて「嫌い」を大きく上回る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
手書きは好きか(全体)
手書きは好きか(全体)
書きは好きか(世代別)
書きは好きか(世代別)
手書きは好きか(男女別)
手書きは好きか(男女別)
手書きとデジタルどちらを多用するか(全体)
手書きとデジタルどちらを多用するか(全体)

 「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する東京糸井重里事務所は「手書きに関する調査」の結果を発表した。それによると、デジタル世代でも手書きが好きな人が多く、女性の方が男性より手書きを好む傾向が高い。

 全国の男女300人に手書きが好きか尋ねたところ、「好き」(53%)が半数を超え、「嫌い」(25%)を大きく上回った。

 世代別で見ると、インターネット普及率が50%を超えた2002年に学生時代を過ごした20歳代が、「好き」(65%)と答えた割合が最も高い。一方で、手書きに親しみがあると考えられていた50歳代は「嫌い」(33%)との回答が他の世代より多かった。

 男女別で見ると、手書きが「好き」と答えた女性は65%と圧倒的に多かったのに対し、男性は39%にとどまった。男性は「嫌い」も33%で、好き/嫌いが拮抗している。

 どのような場面で手書きまたはデジタルを多く使うか調べてみると、メモや予定、プライベートな手紙などでは手書きが多用され、公式な書類ではデジタル中心に使われる傾向がみられる。

 ただしプライベートな手紙については男女間で差が有り、「手書きが多い」と回答した女性は64%であったのに対し、男性は半分の32%だった。

 手書きを重視する人からは、「仕事でもお礼文などは気持ちが伝わるよう手書きを心がける」「図形を描く必要があるときやアイデアを考えている時は手書きが便利」「プライベートでは手書きで漢字を忘れないよう意識している」といった意見が寄せられた。

■関連情報
・ほぼ日刊イトイ新聞のWebサイト www.1101.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ