• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ウーマノミクスイベントに270人参加

2013年12月3日

セミナー&クリスマス・パーティー…和やかに交流も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女性の自分らしい働き方、生き方を応援する「日経ウーマノミクス・プロジェクト」が主催する「日経ウーマノミクス・フォーラム 会員交流イベント ~セミナー&クリスマス・パーティー」が、2013年12月1日、ザ・プリンス パークタワー東京で開かれた。企業の女性役員らが自身のキャリア経験を基に講演を行ったほか、日本経済新聞社グループの女性向けコンテンツの編集長3名による鼎談が行われ、集まった参加者約270人が真剣に耳を傾けた。

 午後1時から始まったセミナーでは、まず、株式会社GRI代表取締役社長の内永ゆか子氏が働く女性たちにメッセージを送った。

 続くディスカッションでは、日経WOMAN編集長の佐藤珠希、日本経済新聞「女性」面編集長兼論説委員の阿部奈美、日経DUAL編集長の羽生祥子が登壇。事前に行ったアンケートを基に、キャリアアップや仕事と家庭の両立など、女性の働き方について意見交換した。

 佐藤編集長は、女性のキャリアプランについて、「ビジネス環境の変化が早く、長期的なプランを描くことが難しい時代」と指摘。「今目の前にある仕事をきちんとやって結果を出し、変化に対応できるスキルを磨くことが大切です」とアドバイスした。

 女性管理職・役員登用をめぐる議論では、「女性は仕事に関して『私でよければ…』と謙虚な人が多い」と羽生編集長。「やりたいことは、恥ずかしがらずに手を挙げて『やらせてください』と言ってみましょう」と語りかけると、参加者たちは深く頷いていた。

 阿部編集長は、取材を通じ、女性の働き方をめぐる「潮目が変わった」と感じているという。「経営者たちは、育児や介護を抱え、制約のある働き方しかできない人材にどう働き続けてもらうか、真剣に考え始めています」。これを受けて佐藤編集長が「仕事、家庭、育児。女性にはさまざまな選択肢があります。女性が働き続けることに追い風が吹いている今だからこそ、人と比べるのでなく、自分の生き方、仕事のやり方に自信を持って、納得できる道を選んでほしい」とエールを送り、会場から拍手が起こった。

 その後、参議院議員片山さつき氏が登壇し、企業の女性活用についてスピーチ。

 セミナー終了後の交流会では、ミュージシャン野宮真貴氏によるミニライブも開かれ、和やかな雰囲気の中、会場のあちこちで名刺を交換し会話を楽しむ姿が見られた。

取材・文・写真/高橋三保子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ