• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

三谷幸喜監督『清須会議』インタビュー

2013年11月11日

「戦国武将たちへの偏愛が詰まった映画です」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 これまでエッセイやインタビューなどで、自らの歴史好き、大河ドラマ好き、を公言してきた三谷幸喜さんが手掛ける、6作目の映画は、なんと初の時代劇。昨年、十数年ぶりに書き下ろした小説を原作に、日本史上、初めて会議によって歴史が動いたと言われる『清須会議』を題材としている。

「清須会議」
11月9日(土)全国ロードショー
(C) 2013 フジテレビ 東宝
原作・脚本・監督:三谷幸喜
原作:三谷幸喜『清須会議』(幻冬舎文庫)
出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信 他
配給:東宝

公式サイト:http://kiyosukaigi.com/
三谷幸喜さん
61年東京都生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。大学在学中の83年に劇団『東京サンシャインボーイズ』を結成、作・演出を手掛ける。並行して放送作家・脚本家としても活動を開始し、ドラマ『やっぱり猫が好き』『振り返れば奴がいる』『古畑任三郎シリーズ』がヒット。97年に初監督映画『ラヂオの時間』を公開以降、『みんなのいえ』、『THE 有頂天ホテル』、『ザ・マジックアワー』、『ステキな金縛り』とメガホンを取ってきた。舞台、文楽などでも精力的に活動を続け、12年には、映画の原作となる小説『清須会議』を上梓。13年12月29日にWOWOWにて脚本と監督を手掛けたドラマ『大空港 2013』が放送される。来年には舞台『国民の映画』の再演も決定。

三谷さん(以下、敬称略) 僕はもともと映画ファンで、これまで撮って来た映画も、結局は映画好きの自分が観たいものを、プロのスタッフたちと一緒に作らせていただいているという気持ちなんですね。だから、自分が映画監督だっていう意識が、いまだに薄いんです。それが今度は、映画ファンだけでなく、歴史ファンという視点も加わったわけで、僕にとっては相当思い入れの強い作品であることは間違いありません。

そんな三谷さんが、今回の映画の重大なミッションとして掲げたのが「羽柴秀吉をハゲネズミとして描く」ということ。

三谷 秀吉が“サル”と呼ばれていたのは有名な話ですが、信長が寧(秀吉の妻)に宛てた手紙には、秀吉のことを“ハゲネズミ”と書いているんです。ということは、秀吉はハゲネズミに似ていなければいけないわけです。でも、いまだかつて秀吉を演じた俳優さんのなかに、ハゲネズミっぽい人はひとりもいないんです。これは僕がなんとかしなくては、と思いまして。

こんな言葉から、この作品には、三谷さんの歴史ファンらしい強い使命感(!?)が発揮されているのがよくわかる。何せ、小学生時代からずっと、歴史上の偉人たちの姿を自らの頭の中に思い描いてきたそう。「僕なりの戦国武将を描きたいという気持ちがずっとあった」と言うくらいなのだから、その思い入れたるや計り知れない。

三谷 秀吉に関しては、いまこれを演じられる俳優をと考えた時、大泉洋さん以外の適役を思いつかなかったんですよね。年齢的なものもそうだし、役者としてのスキルも高くて芝居も上手い。なおかつ、秀吉と共通する天性の明るさや賢さも持ち合わせている。だから、撮影前におこなわれた扮装テストの時に、大泉さんが現れた時、あまりに想像通りだったんで、うれしかったですね。僕が思い描いていた秀吉像は、眉が細くて、髪質が細くて薄いんです。だから既成の髷ではダメで、髷が細くなきゃいけない。もはや特殊メイクの域ですが。

大泉洋さん演じる“ハゲネズミ”こと豊臣秀吉(左)と、中谷美紀さん演じる秀吉の妻・寧。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ