• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

契約社員やパートでも育休は取れる?

2013年10月29日

「ルールの内容まで知っていた」はわずか12.2%

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
改正労働契約法の変更内容の認知率
改正労働契約法の変更内容の認知率
無期労働契約への転換に対する意見
無期労働契約への転換に対する意見
有休や育休取得、不利益な扱いの禁止に関する認知率
有休や育休取得、不利益な扱いの禁止に関する認知率

 日本労働組合総連合会(連合)は、有期契約労働者(契約社員・パート・アルバイト)に関する調査の結果を発表した。それによると、契約社員やパートでも育児休暇を取れることを知っている人は依然として少ないという。

 同調査は、民間企業の有期契約労働者で週20時間以上働いている20歳代―50歳代の男女1000人を対象に実施した。2013年4月に施行された改正労働契約法の改正ルールを説明した上で、変更内容を知っているか尋ねたところ、一定条件を満たした有期労働契約者が無期契約を申し込める「無期労働契約への転換」を、「ルールの内容まで知っていた」という人はわずか12.2%、「ルールができたことは知っているが内容までは知らなかった」は24.4%で、認知率は合計36.6%にとどまった。

 「無期労働契約への転換」に対する意見は、「モチベーションアップにつながる」と前向きにとらえる人が半数を超える(51.6%)一方、「契約が無期になるだけで待遇が正社員と同等になるわけではないから意味が無い」と考える人が7割近く(68.7%)にのぼった。

 有期雇用契約者でも、一定の条件を満たせば年次有給休暇を取得できることを知っている人は77.0%だった。しかし、一定の条件を満たせば育児休業を取得できることを知っている人は39.7%と少ない。有期雇用契約者であっても妊娠や出産などを理由に雇止めといった不利益な取り扱いをしてはいけないルールがあることを認識している人は57.5%だった。

 男女別で見ると、「年次有給休暇の取得」「妊娠・出産による不利益な取り扱いの禁止」の認知率は、男性(それぞれ69.2%と50.8%)の方が女性(同79.6%と59.7%)より低く、10ポイント前後の開きがあった。「育児休業の取得」は男性(39.6%)と女性(39.7%)の差はあまりなく、ともに認知率は低かった。

■関連情報
・日本労働組合総連合会のWebサイト www.jtuc-rengo.or.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ