• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国ハロウィン カボチャ彫りに潜入!

2013年10月31日

ハンドメイドやデコレーションの腕を振るう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ハロウィンには欠かせないカボチャの飾り物。

アメリカでは、カボチャを自分で彫って、カービングを楽しみます。

また、お化け屋敷のようなデコレーションもこの時期の風物詩。

庭や家を飾る創意工夫には驚きがいっぱいです。

現地・アメリカよりレポートします!

まるでお化け屋敷? エンタテインメント性あふれるデコレーション!

 ハロウィン直前の週末、多くの家では家族や友人が集まり、“パンプキンカービング(カボチャ彫り)パーティー”が催される。この頃になると、ハロウィンのデコレーションを家に施す人も増え、それぞれの家の創意工夫を目にすることもできる。

 今回伺った家では、窓枠や屋根から蜘蛛の巣を模した糸を家全体にはわせ、ところどころにクモをつけたり、庭に作り物のお墓を置いたりと、ハロウィン感を醸し出している。エントランスから玄関に向かって歩いていく途中には、骸骨や魔女の脚、カボチャなどがさりげなく置いてあり、訪れる人に楽しい驚きを与えてくれる。

2時間半かけて飾ったというハロウィンデコレーションの大作。

 玄関から家に入って驚くのは、家の中のデコレーションにも抜かりのないところ。天井全体にはクモの巣が張りめぐらされており、緑の液体の入ったフラスコを傾けた骸骨の科学者や、黒猫、ドクロが怪しく迎えてくれる。プラスチックの目玉や緑に染められた米、スライムが入った瓶などは、おどろおどろしさを演出する小物なのだとか。

 スナックに出された、黒猫柄のクッキーも楽しい。カボチャ彫りの前にまずは腹ごしらえ、こうしたパーティーにはそれぞれが手作りの料理を持ち寄るのが一般的だ。

蜘蛛の巣やおどろおどろしい小物で飾られた部屋でお出迎えされ、クッキーで腹ごしらえ!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ