• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ご当地で食べたい! 編集部が選んだ注目パン

2013年10月30日

~「2013 全日本パンフェスティバル」レポート その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回は、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された「2013全日本パンフェスティバル」(主催/全日本パン協同組合連合会)のメイン企画、「ご当地パン祭り」の人気投票上位の結果をレポートした。

 編集部O記者とライターCは、当日コンテストにエントリーした全35種類のパンを食べてみたのだが、11位以下のパンにもキラリと光る「逸材」を発見。そこで今回は、独断で選んだ注目ご当地パンと、第1回~第3回の「全日本パンフェスティバル」で優勝したパンをご紹介する。

 まずは、上位から漏れた中から編集部が選んだベストパン3種。

●「ピーナツバター」【ご当地エリア:兵庫県】

半世紀にわたり地元で愛されているパンだそう。シンプルだけど形もかわいい。

 自家配合のピーナッツバタークリームを樽型のパンに入れた菓子パン。味の濃い欧米系のピーナッツバタークリームとは異なり、日本ならではのやさしい味のクリームがたっぷりと入っている。「ピーナッツ」というより「落花生」と呼びたい味わい。クリームがふんわりとしていてリピしたくなる味。(コンテスト順位:16位)

会社名/ニシカワ食品
ホームページ/http://www.nishikawa-foods.co.jp/
直営店/「石窯パン工房 パン・ド・ミ 稲美店」など
「石窯パン工房 パン・ド・ミ 稲美店」
 住所/兵庫県加古郡稲美町国岡3-25-5
 TEL/079-496-5505

●「ハムねぎ丸」【ご当地エリア:岐阜県】

外観は、ちょっとしゃれたパンという雰囲気。
厚めに切られたハムがおいしい。

 江戸時代の終わりに岐阜で栽培が始まったという徳田ねぎと地元ハムブランド「明宝ハム」、ごま油などを使って石窯で焼き上げたパン。正直、見た目はそれほど特徴的ではなかったのだが、切ってみたら存在感のある厚めに切られたハムが現われた。エゴマが生地に練り込んであって、この食感も○。(コンテスト順位:23位)

会社名/マルセパン
ホームページ/http://www.guruman.co.jp/
直営店/「パンの森 垂井本店」など
「パンの森 垂井本店」
 住所/岐阜県不破郡垂井町宮代441
 TEL/0584-23-2400

●「ピザ風米粉玉ねぎパン」【ご当地エリア:富山県】

おいしさのポイントは、とにかくタマネギ!

 米粉を使った生地にタマネギ、ベーコン、ピーマン、マヨネーズ、ケチャップをトッピングしたパン。見た目は「普通」だったのだが、食べてみてびっくり。タマネギがとても甘く、しゃっきりとした食感が残っていておいしいのだ。現地のスーパーなどで販売。(コンテスト順位:26位)

会社名/キングパン
TEL/0763-33-4588

 そのほか、こんなパンにも、心をつかまれた。

気になるで賞

●「昆布パン」【ご当地エリア:富山県】

「ザ・ご当地」という雰囲気のパッケージ。
小腹が空いたときに食べたくなりそう。

 お店でこのパンを見かけたら思わず手に取りたくなるだろう、「正統派ご当地パン」らしいパッケージ。1袋4個入りで1個を試食したのだが、O記者は残ったパンを「キープ」と言ってバッグにしまい込んだ。酢コンブらしきコンブの味がクセになる。現地のスーパーなどで買うことができるよう。(コンテスト順位:24位)

会社名/さわや食品
ホームページ/http://pannsawaya.exblog.jp/
工場直売店
 住所/富山県射水市広上工業団地2000-35
 TEL/0766-51-6388

愛されてるで賞

●「クリームボックス」【ご当地エリア:福島県】

地域で60年以上の歴史を持つパン屋さんが作る。
裏にはトーストの焼き目もついてます。

 小ぶりの厚切り食パンに、牛乳・バター・生クリームを合わせたホワイトクリームを盛り上がるほどたっぷりと載せたパン。クリームは牛乳の風味たっぷりでやさしい味わい。1978年に発売されて以来、人気の「地元パン」なのだそう。クラブ活動の後に牛乳と一緒に食べたらおいしいだろうなぁなどと、愛され風景が浮かんできて思わず1票。ちなみに「クリームボックス」は郡山のほかのパン屋さんにもある同地のソウルフードらしい。(コンテスト順位:12位)

会社名/なかやパン店
直営店なかやパン店
 住所/福島県郡山市開成3-12-12
 TEL/024-932-2133

 ちなみに、アラフォーの取材班と20代では味覚が違うかもということで、知り合いの女子大生にも全種のパンを食べてもらった。「ハムねぎ丸」「ピザ風米粉玉ねぎパン」と取材班と同じセレクションが挙がる中で、女子大生の味覚アンテナに引っかかったのがこれ!

女子大生に愛されたで賞

●「かすてらぱん」【ご当地エリア:静岡県】

レトロな雰囲気のパッケージ。
中身はこんなふう。

 甘いパンの中では「このパンが一番おいしい!」とのコメントくれたA子さん。「カステラがすごくやわらかく、パンとの食感の違いが印象的。イチゴとリンゴをミックスしたジャムがよくマッチしていました」とのこと。実は、O記者も都内で見つけて買ったことがあるそう。パッケージがインパクト大。(コンテスト順位:27位)

会社名/ヤタロー
ホームページ/http://www.yataro.com/
直営店/「石窯パン工房シャンボール入野店」など
「石窯パン工房シャンボール入野店」
 住所/静岡県浜松市西区入野町9034-10
 TEL/053-449-5633

 「全日本パンフェスティバル」のコンテストは今回が4回目だったが、最後に、前回までの優勝作をご紹介しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ