• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

驚きの米国ハロウィン事情!

2013年10月30日

巨大カボチャ、仮装グッズ・・・現地からレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

日本でも、パーティーなどで少しずつ定着しつつあるハロウィン。

でも本場アメリカでは、どんな行事で何をするのでしょうか?

現地からのレポートをお届けします!

●巨大なカボチャの買い物から始まる

 木々が色づき、秋が深まり始めたころ、アメリカの国民的行事ハロウィンの準備が本格的に始まる。ハロウィンの1カ月ほど前から、スーパーには直径40cmほどのオレンジ色の巨大カボチャがゴロゴロと並び、大きなカートに1~2個、時には4~5個のカボチャを入れる強者が見られる。女性は両手で持ち上げるのがやっとという巨大なカボチャだが、価格は$4~7ほどとそれほど高くはない。

 ハロウィン本番の1カ月前にカボチャを買うなんてと最初は疑問に感じたが、購入したカボチャは、そのまま涼しい玄関前に置いておけば、腐れる心配もないし、それだけで立派な秋のデコレーションになる。

 こうして用意しておいたカボチャは、ハロウィン直前の週末に家族や友人と集まって、定番の“ジャック・オー・ランタン”など、思い思いの形にくり抜かれて楽しまれる。家族単位、カップル単位で集まるパーティーの多いアメリカだが、このパンプキンカービング会には、各々が手作りの料理を持ち寄り、シナモンやパンプキン風味の暖かい飲み物やワインなどを飲みながら楽しく語らう。

 ハロウィンというと、派手派手しい仮装パーティーのイメージが強いが、実はこれから到来する冬を前にした家族の大切な行事でもある。

 では、そんな家族行事になぜ幽霊や悪魔などのおどろおどろしい仮装やデコレーションをするのか。ハロウィンには、どんな宗教的意味があるのだろうか。

 実はここアメリカでも今では、ハロウィンはそれほど宗教的な意味を持たないという。ハロウィンの準備に忙しいアメリカ人に宗教的な意味を問うてみたが、はっきりとした答えが返ってきたことはないほどだ。

 彼らから聞いた曖昧な答えを集約すると、「もともとは、収穫の時期に邪悪な霊を追い払うためにやっていたお祭りらしい――」ということだが、意味はどうあれ“楽しい”ことが最優先! アメリカらしいといえばアメリカらしいが、今ではすっかり娯楽的、商業的な色が濃いイベントとなっているのが現実らしい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ