• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

20代の3割が「ひとりカラオケ」経験有り

2013年10月15日

ひとりカラオケ、やる理由の2位は「歌の練習」、1位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
カラオケ店を利用する目的
カラオケ店を利用する目的
カラオケに行く頻度
カラオケに行く頻度
「ひとりカラオケ」経験者の割合
「ひとりカラオケ」経験者の割合
「ひとりカラオケ」のきっかけ
「ひとりカラオケ」のきっかけ

 オンラインリサーチサービス「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングは、10月17日の「カラオケの日」にちなんで実施したカラオケに関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、ひとりでカラオケ店に行く「ひとりカラオケ」の経験者は、年代が若いほど多い。

 カラオケを利用したことのある20歳―59歳の男女400人に、カラオケに行く目的を聞いたところ、自分自身が楽しむ「歌を歌うため」(76.0%)が最も多いが、2位は「人の付き合いのため」(40.0%)、3位は「二次会のため」(29.8%)と、付き合い重視の回答が続いた。

 カラオケに行く頻度は「1年に1回未満」(44.3%)との回答が最も多く、年代別で見ると年代が上がるほど頻度が下がる傾向がある。1カ月に1回以上行く人の割合は、20歳代で20.0%、30歳代で15.0%、40歳代で9.0%、50歳代では6.0%となる。「1週間に1回以上」は20歳代が5.0%であるのに対し、50歳代は0%だった。

 ひとりカラオケの経験がある人は全体の14.3%にとどまり、ほとんどがひとりでカラオケに入ったことがない。年代別では、20歳代のひとりカラオケ経験率が30.0%と、他の年代より際立って高かった。

 ひとりカラオケ経験者にきっかけを尋ねたところ、「ストレス解消のため」(61.4%)、「歌を練習するため」(50.9%)、「暇つぶしのため」(43.9%)がトップ3に挙げられた。一方、ひとりカラオケ未経験者がひとりカラオケに行かない最大の理由は、「ひとりだと入店しづらいから」(35.9%)だった。

■関連情報
・アイリサーチのWebサイト www.i-research.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけエンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ