• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「9月は月見る月」…お月見マメ知識

2013年9月17日

9月19日は「中秋の名月」、最も美しい月を見よう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「中秋の名月」とは、旧暦8月15日の、満月に近い月のことをいいます。

今年は新暦でいうと、9月19日がその日にあたります!

ぜひ美しいお月様を愛でたいですね。

でも、お月見ってそもそも何をするの?

そこで、お月見マメ知識をまとめてみました。

秋は月が美しく見える季節

 「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」。

 昔からよく聞かれる言葉遊びのようなこのフレーズは、江戸時代に流行った詠み人知らずの歌だそう。

 新月、三日月、半月、満月と、位相を変えて夜空を飾るお月さまは、いつの季節もわたしたちを楽しませてくれますが、「月見る月」といえばやはりこの季節、旧暦8月(新暦の9月~10月ごろ)に勝るものはないでしょう。

 このころ、秋の移動性高気圧が、夏の名残の暑さや湿気を運び去り、空は透明度を増します。日中は空が高く青く感じられ、夜空は月が冴え冴えとして、いつもに増して美しく見えるのはそのせいなのです。

 中でも、特別に美しい月として古くから愛でられてきたのが「中秋の名月」です。中秋の名月とは、旧暦8月15日の、満月に近い月のこと。今年は新暦9月19日がその日にあたります。

 日没直後に東の空にのぼる、お盆のように丸く大きなお月様。月に住むといううさぎの影もくっきりと見えます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ