[画像のタップで拡大表示]
[画像のタップで拡大表示]
[画像のタップで拡大表示]

 旭化成ホームプロダクツは、20歳代―30歳代の有職女性(未婚または既婚で子供がいない女性)500人を対象に実施した料理に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、料理の腕前に「自信がある」という人は、未婚女性で32%、既婚女性でも38%と、いずれも4割に満たない。未婚女性で毎日自炊している人は1割を下回り、4人に1人はまったく自炊しないという。

 回答者に、もっと料理が上手になりたいと思うか尋ねると、「とてもそう思う」「どちらかといえばそう思う」がそれぞれ44%で、約9割が料理の腕を上達させたいと考えている。

 しかしその一方で、料理の腕を上達させるために普段から取り組んでいることが「具体的にある」という人は18%にとどまった。40%は「取り組みたいことはあるが、実際にはできていない」と回答し、42%が「具体的な取り組みについては考えていない」と答えた。

 自分で夕食を作る頻度は、「毎日」との回答がわずか17%。「週に3日以内」が43%を占め、このうち14%は「週に0日」だった。未婚者に限った場合、「週に3日以内」の割合は67%、「週に0日」は25%に上昇する。普段自炊していない未婚回答者に、直近で自炊したのはいつか聞いたところ、「半年以上前」が59%だった。

 また、自炊頻度が「週に3日以内」の回答者に、自分で夕食を作らない日が多い理由を尋ねると、「時間がないから」(43%)が1位に挙がり、「調理が面倒だから」(42%)が僅差で続いた。

■関連情報
・旭化成ホームプロダクツのWebサイト www.asahi-kasei.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント