• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

話題のドラマ討論TV「ドラカン」潜入レポ

2013年9月4日

人気ドラマ「半沢直樹」もバッサリ!? その理由は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この夏、皆さんはどんなテレビドラマを見ていますか? やっぱり「半沢直樹」? いや、「最近、何も見てない」という人もいるかもしれませんね。

 さて、ドラマ好きでもそうでなくても、ちょっとドラマを見てみようかなと思わされる。そんな異色の“連ドラ討論バラエティー番組”が、実はいま、業界内でじわじわと注目を集めています。

 CS放送の女性チャンネル♪LaLa TVで放映中の「THE ドラマカンファレンス」がそれ。司会に、人気放送作家で最近、妻の大島みゆきさんが24時間テレビのマラソンに挑戦したことでその夫婦愛が再び話題になった鈴木おさむさん、さらに「国内ドラマ応援隊長」として、ドラマ好きのつんく♂さんを迎え、やはりドラマ好きの視聴者代表20代~50代の一般女性たちが、各局の連続ドラマを本音トーク炸裂でレビューします。

 「どこが面白いか」から、逆に「どうして興味が持てないのか」まで、ときに評価対象のドラマの制作スタッフをゲストに呼び、繰り広げられるトークバトル。「地上波では絶対できない」と言われています。うーん、そうでしょうねえ。

 7月期の各局ドラマも折り返し地点を過ぎ、最終回に向かって盛り上がってきたところ。この「ドラカン」で今期のドラマ開始後のレビューをするということで、実際、どんなことが起きているのか。話題の秘密を探りに、収録現場にお邪魔してきました。

収録現場の様子。本当に会議室でやっています。司会進行役の鈴木おさむさん、つんく♂さんと一緒に、5人のドラマ好きの一般女性が民放の連続ドラマについて歯に衣着せぬ討論を繰り広げます。

一般視聴者の名言が続々と!…話題の「半沢直樹」の評価は?

 収録現場は、築地にあるビルの会議室。スタジオではなく、本当の会議室です。その中に、鈴木おさむさん、つんく♂さんが登場。「会社に芸能人が来ちゃった」みたいな、それだけでも、既に面白い現場の雰囲気に期待が高まります。

 今回は、番組側が選んだ7月クールの6作品を、実際に観た後で4段階で評価するというもの。夏の恋の四角関係を描いたドラマ「SUMMER NUDE」(フジテレビ系列、月曜9時、山下智久主演)からカンファレンスが始まりましたが…。

 「主人公に言ってほしいセリフが出てこない」
 「ドキドキ感がない」
 「海が狭い」(=背景の海の絵が小さい)。

 …もう、どんどん意見が出てきます。「海が狭い」に対する「プライベートビーチ感を出したかったのかも」との司会の鈴木さんのフォロー(?)にも、「プライベートビーチだったらもっと脱ぎなよ」。

 はい。期待通りの一刀両断の名言が飛び出しつつ、レビューは続きます。辛口意見も、聞くと逆に「どんなドラマなの?本当なの?」とものすごく見たくなってくるから不思議です。

 今週とうとう関東でも視聴率が30%を越え、「家政婦のミタ」以来の大ヒットとなっている「半沢直樹」。この話題のドラマにも、一部から意外な意見が聞かれました。

 どんな意見かというと…。

視聴者代表(20代):長い、難しい、つまらない。まず、興味がないんです。この話に。

50代:(まだ、若いから)何で悔しいかとか分からないからね。

20代:そう。あと、就活を前にしてそんな仕組みとか知りたくないんですよ。裏側とか…。

40代:現実よ!これが。

20代:まだ、現実を受け入れたくないんですよ。

 20代の視聴者代表によれは、彼女の周囲の女子大生も「つまらない」と言っているそう。ははあ、疲れきった&汚れきった(?)ビジネスパーソンウーマンには爽快なストーリーも、若い女子には面白くないのね…。年の差を感じます!

 と言いつつ、確かに上司にいじめられるシーンとか、主人公が悔しい思いをしている場面とか、リアルであるがゆえに、つらくて日曜に見たくない気もする。実は、この記事の担当記者である私も、ちら見ばかりで何となく毎回正視できません…。もう若くないし、十分疲れたビジネスウーマンなのにっ。疲れすぎ? ちなみに、学生でも男子は面白いと言っているとのこと。働く女性のみなさま、いかがですか?!

ドラマ「半沢直樹」(TBS系列、日曜9時、堺 雅人主演)の評価
開始前と開始後で2パターンを放映し、どう評価が変わったかを見ます。

 レビュー以外に、今期の連ドラの1つ「Woman」(日本テレビ系列、水曜10時、満島ひかり主演)の脚本家である坂元裕二さんに視聴者代表が質問するコーナーも今回は収録。「(過去に脚本を書いたドラマで)プロデューサーにユンケル飲まされながら書いた」と言った、業界ならではの涙ぐましいお話も出てきました。

 笑いながら、うなずきながらの3時間の収録はあっという間に終了。せっかくなので、司会を務める鈴木おさむさんとつんく♂さんに番組について、お話をうかがってきました。お二人にとっては仕事仲間でもある同じ業界の人たちに鋭くツッコミを入れるこの番組。どんな思いを持って収録に臨んでいるのでしょうか??

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ