• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ブログとその他のSNS、どう使い分け?

2013年8月27日

ブログ“10周年”、独自の魅力とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ブログが日本で広がり始めて約10年、その後、4~5年前からはTwitterやFacebookが登場し、ソーシャルメディアの環境も大きく様変わりした。この時代、ブログはどのような位置づけになっているのだろうか。

 トレンド総研が、インターネットユーザー1000人を対象に行った「ブログに関する意識・実態調査」では、「ブログは自分の主義・主張を書き込むところ」という意識を持つ人が多かった。(1000人のうち500人は定期的にブログを更新している人・、残りの500人はブロガーではないネットユーザー/男女比は、ブロガーが男性51%、女性49%。インターネットユーザーは、男性61%、女性39%)

 ブロガーに、「自分の主義主張を書き込むところ」として、どのサービスが当てはまるかを聞いた問いでは、「ブログ」(50%)、「Twitter」(42%)、「mixi」(38%)と続いた。自由回答からは、「通常のSNSでは、書き込んだ内容がつながりのある人の画面に強制的に表示されるが、ブログは読者が自分の意志で読みにきてくれるもの。そのため、読む人の負担を気にせず、気ままに書き込める」と考えている人が多いことがうかがえた。

 また、ブログのメリットとして、「書き方やデザインの制約が少なく、自分なりにカスタマイズできる」といった「自由度の高さ」を挙げる意見が目立った。

 「メッセージ性が強いと思うソーシャルメディア」を尋ねたところ、これも「ブログ」(34%)がトップで、以下、「Facebook」(28%)、「Twitter」(18%)が続いた。

 更新するとき、PCとスマートフォンのいずれから作業するかを尋ねた問では、PCが87%、スマートフォン23%で、PCが圧倒的に多かった。

 ブログを更新した後、SNSで更新したことを告知している人が33%。そして、2つ以上のブログアカウントを持ち、更新している人も33%だった。

 「自身の考え方や要望は、周囲の人に誤解なく理解されていると感じていますか?」との質問に対して、5段階の選択肢で答えてもらったところ、「とても理解されていると思う」と回答した人の割合は、一般のインタネットユーザーに比べてブロガーの方が、有意に高い結果となった。これを受けて、調査報告では「ブログのメッセージ性の強さによる影響が多分にあると考えられ、ブログを通じたコミュニケーションは、周囲の人からの理解を促している」と結んでいる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ