• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「やせる体」をつくる3つのトレーニング

2013年9月20日

2~3日に1回でOK! 筋肉を鍛えて基礎代謝を高めるコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 暑さもおさまってきたこのごろ。バテ気味だった体をたてなおし、改めてダイエットに取り組みたいと思っている人もいることでしょう。

 今回は、「やせる体をつくる」ためのトレーニングを、コナミスポーツ&ライフ・プログラム開発部・フィットネスグループの大塚由美子さんに教えてもらいました。

****    ****    ****

 ダイエットのための運動というと、「有酸素運動」が浮かぶ方も多いと思います。ダイエットに有酸素運動はとても有効な方法のひとつです。

 実は、有酸素運動だけではなく、無酸素運度も効果的です。

 無酸素運動は、短距離走や筋力トレーニングなどの運動。有酸素運動が脂肪を燃焼するのに対し、有酸素運動は筋肉を鍛えることで基礎代謝を高めることにつながります。

 基礎代謝量は、生命活動を維持するために使われる必要なエネルギーで、脳や内臓、筋肉などで多く使われます。何もしなければ筋肉量は年齢とともに減りますから、それに伴って基礎代謝も減ります。何もしなければ筋肉量は加齢とともに減っていくので、それに伴って基礎代謝量も減ります。そこで、筋肉量を増やしていくことで基礎代謝を高めていけば、太りにくい(リバウンドしにくい)カラダをつくることができます。

 ここでは、コナミスポーツで実施しているボディメイクプログラムから、家でもできるトレーニングをご紹介したいと思います。

◆背中のトレーニング (1セット・15回)

・足を腰幅に開き、軽く膝を曲げます。
・胸を張って、状態を45度くらいに傾けます。
・手は肩の下にくるようまっすぐ伸ばします(水を入れたペットボトルなどを持つと、負荷が高まります)。
・肩甲骨を寄せるように、ひじを後ろ上方に引いていきます。2秒かけて、息を吐きながらゆっくり上がるところまでもっていきます。
・このとき、頭を動かさないよう、注意してください。また、お腹に力を入れて、腰が反ったりしないよう上体を固定してください。
・一番上にきたら、1秒キープして、3秒かけて戻します(息を吸いながら)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ