• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの防災知識、テストでチェック(2)

2013年8月31日

いざという時、適切な行動をとるために! 自分の防災知識をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

東日本大震災の後、非常用防災グッズを備えた人は多いでしょうが、その後の管理はできていますか? 9月1日の防災の日に向け、防災グッズや家具の配置について、テストで確認しておきましょう。

非常用防災グッズは、できるだけ多くの品物を揃えたいもの。持ち出し袋やリュックの重さは何キロくらいが適当でしょう?

(1) 2~3キロ。
(2) 4~5キロ。
(3) 6~7キロ。


一次避難用品に備えておくと便利なのに、忘れがちなグッズは何でしょう?

(1) 生理用品。
(2) 寝袋。
(3) ランタン。


一次避難用品の置き場所は、どこが適当でしょう?

(1) 玄関などの目につく場所。
(2) 居間や寝室など、いつもいる場所。
(3) クローゼットや押入れの一番手前。


二次避難用品は、災害による影響が長期化した場合の備蓄です。何日分用意しておけばいいの?

(1) 2~3日分。
(2) 3~4日分。
(3) 5~6日分。


外出時の被災に備えて、普段からバッグなどに入れて防災グッズを持ち歩きたいもの。ぜひ携帯したいグッズは何でしょう?

(1) 梱包用のひも。
(2) ロウソク。
(3) 笛。


日経ウーマンオンラインと女性防災士が企画・開発した
女性のための緊急避難・防災セット

●日経ウーマンオンラインの読者調査をもとに、女性防災士が選んだ女性の必需品を含めた35種類の防災用品を揃えた女性用防災セットの決定版
●バッグは約13リットルもの水を楽に運べる水タンクを内蔵。女性でも重い水を運べるため、断水が長期になっても安心
●食品は美味しい長期保存食、氷砂糖など非常時にも元気を出せるアイテムが充実
●日経ウーマン編集部が作成した「女性のための防災マニュアル」(4ページ)付き

■商品の詳細はこちら
■商品のご予約・ご購入はこちら

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ