• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

熱中症対策、いつまで必要?

2013年8月19日

残暑が厳しくなる今年は、まだ対策が必要!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
熱中症対策をするべきだと思うか
熱中症対策をするべきだと思うか
普段から意識して熱中症および関連情報を収集しているか
普段から意識して熱中症および関連情報を収集しているか
いつまで熱中症対策が必要だと思うか
いつまで熱中症対策が必要だと思うか
どのような熱中症対策をするべきだと思うか
どのような熱中症対策をするべきだと思うか

 日本トリムは、全国の成人男女300人を対象に実施した熱中症に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、ほとんどの人が熱中症対策の必要性を感じており、熱中症への意識の高さが明らかになった。

 熱中症対策をするべきだと考えている回答者は95.3%にのぼり、59.3%が普段から意識して熱中症およびそれに関連する情報(天候など)の収集を行っているという。いつ頃まで熱中症対策が必要だと思うかとの問いには、64.3%が「9月下旬まで」と答えた。

 主な熱中症対策としては、「こまめに水分補給をする」(97.6%)が圧倒的に多く、「エアコンや扇風機を使用する」(61.9%)、「外出時はできるだけ日陰を歩く」(48.3%)などを大きく上回った。

 気象庁によると、今年は8月から9月にかけての残暑が厳しくなる見込み。また、2009年―2011年における総務省消防庁の統計を見ると、お盆明けの8月20日―24日に熱中症で病院に搬送される人が一時的に増加する傾向が確認された。

 日本トリムは8月22日と23日の2日間、東京・丸の内の「丸ノ内トラストタワーN館」前において、水分補給や休憩を促すとともに、かき氷を2000食限定で無料配布するイベント「ぐったリーマン救出プロジェクト」を開催する。

■関連情報
・日本トリムのWebサイト www.nihon-trim.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ