• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

嫁は「帰省が憂鬱」、姑は「帰省が楽しみ」

2013年8月13日

嫁の、姑に対する不満は少ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
帰省は楽しみ?
帰省は楽しみ?
嫁が「帰省したくない理由」
嫁が「帰省したくない理由」

 紅茶ブランド「リプトン」を展開するユニリーバ・ジャパンは、帰省時における嫁・姑の関係性について意識調査を実施し、その結果を発表した。全国の嫁・姑の立場の女性1785人に帰省が楽しみか尋ねると、姑は87%が「帰省してくれるのを楽しみにしている」のに対し、嫁の46%は「帰省する日が近くなると憂鬱になってしまう」と答えている。

 嫁に具体的な意見を聞いたところ、帰省すると「何をしていいか分からないことがある」(71%)、「気疲れしてしまう」(54%)、「1日でも早く帰りたいと思う」(50%)といった回答が目立った。また「帰省すると体調に何かしらの異変が起こる」(34%)、「帰省した先ではなかなか眠れない」(32%)との悩みも寄せられた。

 しかし、帰省することに抵抗はあっても、姑に対する不満は少ないことが分かった。姑の印象を嫁の立場の人に尋ねたところ、「姑に不満はない」(73%)、「穏やかで寛大」(73%)、「尊敬している」(70%)など評価は高く、悪い印象はあまり持っていない人が多い。

 帰省先で嫁が姑に対してよくしてあげることは「食器洗いなどあと片付けを手伝う」(53%)、「お茶を飲みながら対話を楽しむ」(51%)、「“ありがとう”といった感謝の気持ちを言葉にして伝える」(39%)がトップ3を占めた。姑が嬉しいと思う嫁の振る舞いも上位3項目は共通だった。

 姑の立場の人に、嫁の自慢できることは何か聞いてみると、1位に「夫(息子)を立てる、サポートしている」(53%)が挙げられ、「愛想がいい」(50%)、「聞き上手」(42%)と続いた。嫁は夫を立てることが、姑との円満な関係につながるようだ。

■関連情報
・リプトンのWebサイト www.lipton.jp/product/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ