• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

低価格・高品質を求める「新・目利き族」

2013年8月2日

消費は解禁ムード、しかし収入は増えず

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
今年に入って、財布の紐が緩んだか?
今年に入って、財布の紐が緩んだか?
財布の紐が紐んだ理由は?
財布の紐が紐んだ理由は?
今年に入ってから収入は増えた?
今年に入ってから収入は増えた?
最近購入したもの、選んだ基準は?
最近購入したもの、選んだ基準は?

 オンラインリサーチサービス「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングは、25―49歳の女性400人を対象に実施した「景気と消費に関する意識調査」の結果を発表した。それによると、アベノミクス以降、これまで自粛していた消費を解禁する傾向が見られる。しかし現実には収入が増えていないため、実際の消費は堅実で、購買に対する目が肥えてきている印象が感じられるという。

 今年に入ってからの自身の消費行動について尋ねたところ、29%が「財布の紐が緩んだ」と回答した。その理由を聞くと「今まで意識的または無意識的に無駄遣いをやめようと我慢していたから」(42%)と「好景気で購入へのモチベーションが上がっているから」(41%)がトップ2に挙げられた。

 しかし今年に入ってからの収入が「実際に増加した」という人は18%にとどまり、82%が「増えていない」と回答している。一方で、最近購入したものについて選んだ基準を聞いたところ、「品質も良く、価格も手ごろなもの」(66%)が大半を占めた。調査では、このように高品質で低価格の商品を求める消費者層を「新・目利き族」と名付けている。

 外食に関して、2012年以前と比べて2013年は「頻度が増えた」という人は30%、「1食あたりにかける金額が増えた」と感じる人は23%だった。外食をする店を選ぶ際のポイントは「コストパフォーマンスが良いこと」(57%)が1位、「雰囲気が良いこと」(53%)が2位、「口コミなどで評判が良いこと・お得感が味わえること」(43%)が3位に挙げられ、外食業界でもワンランク上の料理を手頃な価格で楽しみたい新・目利き族が増えつつあるようだ。

■関連情報
・アイリサーチのWebサイト www.i-research.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ