• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夫の家族/親族から好印象を得る服装は?

2013年7月24日

服装に配慮するシーン、配慮するのは「上品さ/清潔感」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
特に服装に配慮するシーンは?
特に服装に配慮するシーンは?
具体的に配慮する点は?
具体的に配慮する点は?
服装で失敗してしまった経験は、どんな場面?
服装で失敗してしまった経験は、どんな場面?
失敗した点は?
失敗した点は?

 衣料企画販売のニューヨーカーが運営するファッション通販サイト「NY.online(エヌワイ・オンライン)」は、女性会員324人を対象に、家族や親族を意識するシーンでの装いに関してアンケート調査を実施した。

 冠婚葬祭を除いた親族に会う機会で特に服装に配慮するシーンは何かと尋ねた問には、「夫の実家/親戚先への訪問」(29%)との回答が最多だった。次いで「子供の学校行事/祭事」(18%)、「夫の実家/親戚との外食」(14%)と続いた。

 具体的に配慮する点は「上品さ/清潔感がある」が17%でトップ。次いで「TPO」「だらしなく見えない」「季節感がある」「年齢に合っている」がいずれも11%で並んだ。以下、「華やか/派手すぎない」(10%)、「ベーシック/シンプルにする」(8%)、「露出しすぎない」(7%)などが挙がった。

 親族のうち誰に対して服装を配慮するか聞いてみると、「義理の母」(28%)が最も多く、「義理の姉妹・兄弟」「その他の親族」(いずれも11%)が続いた。

 実際に服装で失敗してしまった経験は「会食」や「親族宅の訪問」で多く見受けられ、具体的には「自分だけカッチリしすぎた」(15%)、「自分だけラフ/カジュアル過ぎた」(11%)、「座るとスカートの丈が短すぎた」(11%)といった失敗談が多かった。

 逆に成功したと思う経験で具体的なポイントを挙げてもらうと、「シーンを考慮して装ったこと」(23%)、「キレイめでシンプルな装い」(19%)といった意見が寄せられた。事前にイベントの趣旨や出席メンバーについて確認し、手伝いがありそうなら女性らしいパンツスタイルにしたり、動いた時の露出にも気をつけたりすることが好印象を勝ち取ることにつながるようだ。

■関連情報
・ニューヨーカーのWebサイト www.newyorker.co.jp/
・NY.onlineのWebサイト www.ny-onlinestore.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ