• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Facebook、最も困るフレリクは「知らない人から」

2013年6月21日

8割以上がスパムリクエストにウンザリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
Facebookに実名で登録しているか
Facebookに実名で登録しているか
プロフィール写真に自分の写真を使っているか
プロフィール写真に自分の写真を使っているか
友達リクエストがきて困った経験があるか
友達リクエストがきて困った経験があるか
どのような人からの友達リクエストで困ったか
どのような人からの友達リクエストで困ったか
友達リクエストがきて困った相手への対応は
友達リクエストがきて困った相手への対応は

 ライフメディアの調査レポートサイト「リサーチバンク」がまとめた「Facebook」に関する調査結果によると、登録ユーザーの約半数が友達リクエストで困った経験があり、その8割以上が知らない人からのスパム的な友達リクエストに閉口している。

 全国の10歳代―60歳代の男女2400人を対象にアンケートを実施したところ、全体の37.5%がFacebookに登録していた。20歳代の利用率が最も高く、20歳代男性は49.0%、20歳代女性は50.5%だった。

 登録しない人に理由を聞くと、男性は「自分には不要なサービスだから」、女性は「実名で登録することが嫌だから」を最大の理由に挙げている。

 Facebookに登録している人のうち、実名で登録している人は83.1%だった。プロフィール写真に自分の写真を使っている人は39.6%で、そのうち24.5%は顔が分かる写真を使っている。

 登録している人に、友達リクエストがきて困った経験があるか尋ねたところ、49.5%が「ある」と回答した。どのような人からの友達リクエストで困ったか聞くと、「面識のない人」が83.4%と群を抜いて多く、次いで「仲良くない知人・嫌いな知人」が29.4%だった。「上司」(4.3%)、「同僚」(3.8%)、「先輩」(1.8%)、「元彼・元彼女」(2.0%)はいずれも少数だった。

 友達リクエストがきて困った相手に対しては、「無視した」(73.5%)が最も多かった。それ以外の主な対応は、「ブロックした」(18.0%)、「普通に承認した」(17.3%)、「承認したが、閲覧などに制限をかけた」(6.5%)だった。

■関連情報
・リサーチバンクのWebサイト research.lifemedia.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ