• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アベノミクスで消費動向はどう変わった?

2013年6月18日

【調査】消費動向、旅行も遊園地もカラオケも利用が増加傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 インターネットリサーチのクロス・マーケティングは、全国の20歳―69歳の男女1200人を対象に「消費動向」に関する調査を5月に実施した。調査の結果から、株式売買回数が例年のマイナス傾向から大幅にプラスに転じたことが分かった。国内旅行やレジャーも改善しており、アベノミクス効果が大きく影響していると見られる。

 同調査は、消費者の暮らしの状況を所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的としている。2009年2月からほぼ3カ月ごとに、2012年からは6カ月ことに実施。指標として用いる「消費動向DI(Diffusion Index)」は、商品購入やサービス利用、店舗およびレジャー施設利用について、「増えた」の回答比率から「減った」の回答比率を差し引いた値となっている。

 商品購入やサービス利用のうち「株式の売買回数」の消費DIは、2009年の調査開始以来続いていたマイナス傾向から初めてプラスに転じ、「21.1」を示した。「国内旅行の回数」の消費DIは、東日本大震災直後に大きく落ち込んだ2011年4月以降ゆるやかに改善しており、過去最も高い「-7.8」となった。

 店舗やレジャー施設利用ついては、「カラオケ」の消費DIは「-21.7」、「遊園地・テーマパーク」は「-19.5」、「美容院・理髪店」は「-13.2」と、いずれも前回より改善し、調査開始以来最も高いスコアを示している。

■関連情報
・クロス・マーケティングのWebサイト www.cross-m.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ