• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“痛ネイル”が流行の兆し?

2013年4月18日

キャラクターのネイルアート注文が増加中

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
半年以上前と比べてキャラクターのデザインへの要望が増えたと思うか
半年以上前と比べてキャラクターのデザインへの要望が増えたと思うか
なかやまちえこ氏の作品1
なかやまちえこ氏の作品1
なかやまちえこ氏の作品2
なかやまちえこ氏の作品2

 ネイルデザインのポータルサイト「NAILISTA(ネイリスタ)」を手がけるパブリックマーケットが実施したアンケート調査の結果によると、7割のネイルサロンが、人気キャラクターをモチーフにした“痛(イタ)ネイル”の注文が増えていることを実感しているという。

 ネイルサロン経営者とネイルサロン勤務者76人に、半年以上前と比べてアニメや漫画キャラクターのデザインにしてほしいという要望が増えたと思うか尋ねたところ、71.1%が「はい」と答えた。「いいえ」は22.4%、わからない」は6.5%だった。

 アンケート回答には「芸能人などの影響を受けた一般の女性が痛ネイルをオーダーすることが増えている」「部分的に痛ネイルを希望する人が増加している」といった声が寄せられた。

 多くの芸能人のネイルを担当しているなかやまちえこ氏は、この変化を流行の兆しと推測し、「ジェルとぷくぷくアート(アクリル)を組み合わせることで表現の幅が広がったこと」が大きな要因の1つになったと指摘している。誰でも簡単に痛ネイルができるネイルシールの人気も高まっており、芸能人と一般人も含めて、個性的な痛ネイルへの要望が加速すると見ている。

 痛ネイルの人気の発端は「オタク文化」から来たもので、オタク文化の聖地と言われる秋葉原には「痛ネイル専門店」も登場した。痛ネイルの写真を「Facebook」や「Twitter」などのSNSで公開する傾向も高まっている。

■関連情報
・NAILISTAのWebサイト nailista.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ