• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

芸能界復帰のモナさんに独占取材!

2013年4月5日

「悩める女性に向けて情報発信をしていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「山本モナ」あらため「中西モナ」として、今年3月にタレント活動の再開を発表した中西モナさん。引退から復帰に至った心境、そしてライフワークとして力を注ぐ、女性のためのセミナー「オンナの元気塾」について話を伺いました。

 2011年、結婚を機に「今までの自分をリセットして、新たな道を歩んでいきたい」と芸能界を引退していた中西モナさん。

 その後、昨年7月に第1子を出産し、しばらくは育児に専念。産後しばらくは子どもと離れる気になれず、なかなか仕事モードには切り替えられなかったが、生活のペースが安定してくるに従って「また仕事をしたい」という思いが膨らんでいった。

 「私の母は、働きたくても、好きなように働けなかった世代の人。だからずっと『女性も外に出て働くべき』と言われて育ったんです。その影響もあって、『このまま仕事を辞める』という選択肢は考えていませんでした」

 とはいえ、同時に「子どもがまだ小さいうちに働くのは、親のエゴなんじゃないか」という葛藤も。育児と仕事の両立について考える中で、復帰を後押ししてくれたのは、応援してくれる夫や、ブログの読者の存在だった。

 「私のブログを読んでくれる方には、私と同時期に妊娠、出産した人が多いんです。だからみんな同じように仕事の復帰について悩んでいて。いろんなコメントをもらってすごく参考になったし、励まされましたね」

タレント活動に復帰するつもりはなかったが…

 復帰後の活動の中心となるのは、妊娠中から取り組んできた女性のためのセミナー「オンナの元気塾」だ。これは、悩みや不安を抱える女性たちへ中西さんがアドバイスし、解決するための方法を考えていくというもの。一度は「引退」という形をとった芸能界への復帰も、「オンナの元気塾」を充実させたいという思いからだった。

 「当初はタレント活動に復帰する気はなくて、『これから元気塾をどうするか』ということしか頭になかったんです。でも元気塾を発展させるには、もっと私の思いやセミナーの主旨について広く知ってもらわないといけない。そのためにはメディアを通して、情報発信していく必要があると感じたんです」

 活動のベースにあるのは、あくまでも「オンナの元気塾」。4月27日には衆議院議員の野田聖子さんをゲストに招いて、第3回のセミナーを開催する。

 「今後は私が一方的に話すのではなく、参加者の方と直接コミュニケーションを取れる時間もつくっていきたい。要望に応えて、東京以外の地域や託児スペースがある場所での開催も考えています。今はさまざまな形式を試しながら、ベストな方法を探っているところです」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ