[画像のタップで拡大表示]
[画像のタップで拡大表示]

 旅行口コミサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」は、過去1年間に日本語で投稿された口コミ評価をもとに集計した「行ってよかった日本の展望スポット」のランキングを発表した。前年に続き「清水寺(清水の舞台)」が首位の座を維持したほか、昨年5月に開業した「東京スカイツリー」が2位に選ばれた。

 清水寺は四季おりおりの眺めが素晴らしいのはもちろんのこと、舞台を降りてから目にする舞台の柱組にも感動するコメントが寄せられた。東京スカイツリーは、写真や映像では伝えきれない迫力に圧倒される人が多かったようだ。

 昨年2位だった「東京タワー」は6位に転落。3位と4位は前年と同じ「大倉山ジャンプ競技場(大倉山展望台)」と「札幌JRタワー展望台 T38」だった。5位は、「東京シティビュー(六本木ヒルズ展望台)」が前年の6位から順位を上げた。

 トップ20の中で、最も高い展望スポットは、東京スカイツリーの450メートル、最も低いのは清水寺の13メートルだった。展望料金が最も高額なのは東京スカイツリーの3000円(日時指定の事前購入の場合は3500円)で、最も安いのは入場無料の「東京都庁舎」(10位)、「神戸市役所 展望ロビー」(19位)、「羽田空港第二ターミナル展望デッキ」(7位)、「関空(関西空港)展望ホール スカイビュー」(17位)などだった。

■関連情報
・トリップアドバイザーのWebサイト www.tripadvisor.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント