• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

義理チョコのお返し費用は1000円以下!?

2013年3月13日

ON・OFFで意外と差がつく、ホワイトデーのプレゼント事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

彼やパートナーはもちろん、上司や同僚、取引先にもバレンタインギフトを贈ったという、働き女子は数多い。お返しを期待して贈るわけではないけれど、やっぱり気になる「ホワイトデー」。3月14日を目前に、男性陣のバレンタインデー・ホワイトデーに対する本音調査を実行! プライベートとお仕事関係に分け、それぞれプレゼントされたものや、お返しにあげたいものを聞いてみた。

<調査概要>
アンケートは、2月15日~3月1日の間、日経トレンディネットの読者を対象にウエブ上で実施。回答者は男性199人。既婚79.9%、未婚20.1%。未婚のうち彼女がいる人の割合6.5%。29歳以下1.5%、30~34歳1.0%、35~39歳5.0%、40~44歳10.1%、45~49歳17.6%、50~54歳18.6%、55~59歳14.6%、60歳以上31.7%。
一般社員23.6%、係長・主任クラス15.6%、課長クラス14.1%、次長クラス4.5%、部長クラス11.6%、経営者・役員10.6%、無職16.6%、その他3.5%。
あなたは、今年のバレンタインにプレゼントをもらいましたか?(プライベート、仕事を問わず)

 バレンタインが季節のイベントとして、すっかり定着。実に8割以上の男性が、何かしらのプレゼントをもらったと回答した。

今年もらったプレゼント個数は、昨年に比べて増えましたか?

 こちらも、横ばい状態だった男性が72.1%と高ポイント。バレンタインギフトは安定供給状態をキープしているよう。

誰からもらいましたか?(複数回答可)

 既婚の男性から多く挙がった「子供から」(34.6%)という回答。育児に積極的なイクメン増加に伴い、ファミリーイベントとしてバレンタインを楽しむ層も増えているようだ。「その他」(23.5%)の内訳としては「職場の部下や、同僚」のほか、「姉妹や姪、嫁」などの親族が多かった。少数だが「自分」(0.7%)、「男友達」(0.7%)にプレゼントを渡す“女子感覚”の持ち主も!

 2013年はウィークデーに当たったバレンタイン。仕事場とプライベートに分けて、バレンタイン&ホワイトデー事情を調べてみると…

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ