• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

入社前の学生は、成果・能力主義に賛成

2013年2月19日

英語能力に対するインセンティブ「賛成」87%

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
公平な支払いは「働いた時間」と「成果や能力」のどちらか
公平な支払いは「働いた時間」と「成果や能力」のどちらか
英語能力に対するインセンティブをどう思うか
英語能力に対するインセンティブをどう思うか
実績や能力による給与・賞与の差はいつからが適当か
実績や能力による給与・賞与の差はいつからが適当か

 人事業務の総合サービスを手がけるレジェンダ・コーポレーションは、今春の就職を希望する学生の就業意識について調査した結果を発表した。それによると、入社前の学生は約8割が成果・能力主義に賛成している。

 会社から社員への公平な給与支払いは「働いた時間」と「成果や能力」のどちらにもとづくべきだと思うか尋ねたところ、「成果や能力」が78.7%で、「働いた時間」の21.3%を大きく上回った。

 英語を話せる社員への報奨金やインセンティブについては、「賛成」が87.2%。「反対」はわずか12.7%だった。

 また、実績や能力の違いで給与や賞与に差が出るのは、入社してから何年目以降が適当だと思うかとの問いには、「3年目」(40.6%)との回答が最も多く、次いで「2年目」(16.1%)、「1年目」「4年目」(ともに12.0%)、「5年目」(11.2%)と続いた。

 調査は、2013年4月入社の就職を希望する大学生および大学院生の男女707人を対象にインターネットでアンケートを実施した。調査結果では、成果・能力主義に賛成する傾向が高いことについて、低成長期の中で学生時代を過ごしてきたため能力がなければ給与が上がらないと実感していること、終身雇用や年功序列が過去のものとなっていることを背景として指摘している。

■関連情報
・レジェンダ・コーポレーションのWebサイト www.leggenda.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ