• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

心に効く! 働き女子を救う「涙活」って?

2013年2月18日

神様からの宝物「涙のストレス緩和力」に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 辛いことに直面し、悲しみにくれる夜。喜びに満ち溢れ、思わず涙腺が緩んだ日。魂が揺さぶられ、感情が溢れ出したとき、私たちの頬を伝うひと筋の“涙”――。

 涙の理由は様々でも、ひとしきり泣き終えたあとは、なぜか心が静まり、穏やかになる気がする。張り詰めていた思いがフッと解放されて、心地よい脱力感に包まれるようなあの感覚。きっと誰もが一度は経験しているのではないだろうか。

 そんな“涙”の力に着目し、能動的に泣くことで心のデトックスを図る“涙活(るいかつ)”を発案し、提唱しているのが、離婚式プランナーの寺井広樹さんだ。見知らぬ人たちが集まり、泣ける映画や朗読を聞いて意識的に涙を流す“涙活”イベントを先月からスタートさせている。

 そもそも寺井さんが、涙の持つ力に気づいたのは、自身が手掛ける離婚式がきっかけだった。

 「離婚式では、女性はもちろん、男性側が大粒の涙を流して泣いていらっしゃる姿もよく目にします。ですが、指輪を叩き壊すセレモニーを終え、涙が出尽くす頃には、皆さん決まって清々しいようなスッキリした顔になっている。“泣くことって、こんなに人の感情を浄化させるのだな”と実感したんです」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ