• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「あんな風に愛されたら…」真木よう子(2/2)

2013年1月25日

「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

真木 どうなんだろう、面白いとは思います(笑)。恋愛対象として? そうですね、「艶のように愛されたらうれしい」と思う百々子の気持ちには共感しますね。

――艶については、どう思われましたか?

真木 もちろん、百々子は、自分の優にちょっかいを出されていたわけだから、快くは思っていないかもしれないけど、「艶って最悪。大嫌い! キーッ」みたいな感じにはなっていないんですよね。松生がいたから艶はあんな風に生きられた、というような百々子のセリフがあるのですが、それが全てを物語っていると、私は思います。

――百々子や艶以外のキャラクターで、気になる女性はいますか?

真木 台本を読んだときに、面白そうだと思ったのは、野波麻帆さんが演じた湊ですね。そのほかのパートも全部、魅力的なストーリーとキャラクターだと思いました。

――ちょっと納得できないと思った女性キャラクターは?

真木 それは、百々子ですねぇ。納得できないというか、理解するのが難しいキャラクターだと思います。

――もしも、百々子が友達だったら、どんな言葉をかけますか?

真木 「なんで、優なの?」と聞くと思います。そういう恋愛はやめちゃえばいいのにって思うし、自分だったら、きっぱりやめられますね。

――この映画の女性キャラクターの説明には、それぞれ、「愛を闘う女」「愛を確かめる女」「愛に寄り添う女」「愛を待つ女」「愛を問いかける女」「愛を包みこむ女」という言葉が使われていますが、真木さんはどれに一番近いでしょうか?

真木 そうですね、『問いかける』と『寄り添う』に当てはまっているような気がします。

――では最後に、当サイトの読者である働く女性たちに、本作を通して伝えたいことを教えてください。

真木 私は読者の方たちと同年代ですが、そのくらいの年齢の方たちが、特に楽しめる映画だと思います。行定監督が作り上げる世界観が素晴らしいし、見終わった後に、いろいろなことを語り合える内容だと思うので、映画館に見に来て、楽しんでもらえたらうれしいです!

「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」
2013年1月26日(土)全国ロードショー
(C)2013「つやのよる」製作委員会
公式サイト:www.tsuya-yoru.jp
出演:阿部寛、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那汐里、大竹しのぶ
原作:井上荒野『つやのよる』(新潮文庫刊)
脚本:伊藤ちひろ、行定勲
監督:行定勲
配給:東映

取材・文/清水久美子、写真/矢作常明

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ