• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

超カンタン! 缶詰メインのお助けごちそう11

2013年1月18日

混ぜるだけ、和えるだけ♪ 1ステップでできる缶詰メニュー! 厳選11品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

年末年始の慌しさも一段落し、日常モード。

ご馳走シーズンではない日々のご飯も、カンタンにおいしく、できればちょっと豪華に楽しみたいですね。

そんなときにオススメのレシピが、缶詰メニュー。

そのままでもおいしい缶詰にちょっとひと手間加えることで、驚きの本格的な料理ができます!

缶詰は、保存がきくだけでなく、普段なかなかとりにくいさばやかにといった食材を、手軽に食べられるのも魅力。

パーティーにも使えるお役立ちレシピを紹介します。

◆使う缶詰

 今回使うのは、魚介類の缶詰4種です。どの家にも一つ二つあったりするものではないでしょうか。これらには“カラダにいいこと”もたくさんあります。

<さば水煮>
 青魚には血を増やすとともに、血行を促進して、老廃物を洗い流してサラサラにする働きがあります。とりわけさばは、疲労回復にも効果大です。

<ほたて>
 ほたてはカラダに必要な水分を補ってくれる食材。もちり美肌、アンチエイジング、二日酔いなどに効果的です。

<かに>
 血行促進食材であるかには、肩こりが気になるときにもおすすめです。中国では、「土の中で動くかには、肩の中でも動いて肩こりをほぐす」と言われています。

<さけ>
カラダを温めてくれるのがさけ。冷えからくる便秘や胃痛、生理痛などに。疲労回復にもいい食材です。

 (※薬膳アテンダント・池田陽子さんのおすすめポイント)

お酒のつまみに、副菜に、おすすめの2品

ほたての力で野菜がグンとおいしくなる♪
◆ほたての浅漬け(上)

【材料】(2人分)
ほたて缶……1缶   にんじん……1/2本
白菜…………1/6個  セロリ………1/2本
きゅうり……1/2本  塩 …………適量
大根…………1/3本
【作り方】
白菜、きゅうり、大根、にんじん、セロリを食べやすい大きさに切り、袋に入れて2~3分塩もみしたら、ほたてを缶汁ごと加えてよくもむ。

かにの風味が引き立つごま油&レモン汁がポイント
◆かにとニラのナムル(下)

【材料】(2人分)
かに缶……1缶
ニラ………1束(ゆでてざく切り)
A<ごま油・レモン汁…各適量>
【作り方】
ニラにかにを缶汁ごとまぜ、Aであえる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ