• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食品に対する不安、2人に1人

2013年1月7日

添加物や残留農薬、放射性物質などに不安の声

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
食品に関して不安に感じているか
食品に関して不安に感じているか
主食としてよく食べるものは
主食としてよく食べるものは

 大阪ガスグループのエルネットが実施したアンケート調査で、食品に関して不安があるか尋ねたところ50.2%が「ある」と回答し、2人に1人が食品に対する心配や懸念を抱いていることが分かった。

 不安に感じる内容を具体的に答えてもらったところ、添加物や残留農薬、放射性物質などに対する安全性の問題、原産地や遺伝子組み換えしたものかなど表示の確実さ、また、自給率の低さに関して懸念する声が多く寄せられた。

 食事に関する設問で、主食としてよく食べるものを聞くと、「米(玄米、白米)」が94.4%で圧倒的に多かった。米離れの声も聞かれるが、米は主食として依然健在のようだ。次いで「パン」が39.2%、「麺類(そば、うどん、パスタ、中華麺など)」が26.6%と続いた。

 年代別で見ると、30歳代以下で「パン」と「麺類」を主食とする割合が多く、年代が高くなるにつれて少なくなる。このことから、30歳代以下では「米」以外を主食とする傾向が進んでいると考えられる。

 食卓に欠かせない食品は、「お茶」が51.2%で首位。以下、「タマネギ」(24.9%)、「大豆」(23.3%)、「トマト」(20.2%)の順となり、食卓の常連といえる顔ぶれが揃った。

■関連情報
・エルネットのWebサイト www.lnet.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ